Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シアタールームの概要(4)先行配管

≪このRecentは2月5日にUPしました≫

3.先行配管
 せっかくするなら、のたうち回る配線類をすっきり隠すべし、とご多分に漏れず先行配管を施しております。

SP:メイン2、センター1、リア2、リアセンター1
映像:コンポーネント2
RCA:サブウーファー1


20050205012415s.jpg


ぐっちゃぐっちゃだね~、ラックを買ったらもう一度末端処理してすっきりさせねば。



 ちなみにリアセンターは7.1にも対応できるよう2本通すようになっていますが、部屋の配置上サラウンドバックとサラウンドスピーカの併用が難しいため実施の予定は今のところありません。
これらは予算削減のため、もちろん配管と通線のみ。末端の処理は当然自分でやりました。いやぁー半田ごて使ったのは何時以来だろうか。おかげで自作ケーブル製作のノウハウも得ることができました。

 ちなみに使用したケーブルは全てカナレ製。スピーカーケーブルはリビングやお風呂用と合わせて4S8を100M、映像用はV3-5CFBを10M×2本、それぞれネットで調達しました。いやぁー、映像用は想像していた以上に太いですわぁ。最初見たとき、電柱の電線かと思いました。そのため、22mm径のCD菅を2本配線し、かつ壁の一部を吹かした上に点検口を設けました。ホントはメインだけでもケーブルを奢りたかったのですが、予算はありませぇ~ん。余裕ができたらのお楽しみということにしています。また、DVIやHDMIといったデジタル配線も点検口を使って自分で改めて通すことは可能です。施工時は対応機種を持っていなかったのですが、今ではそれらを手に入れたため、是非とも試してみたいところです。

 ちなみに電源についてですが、他の電源とは別途、2本を独立して引いてあります。デジタル用(プレーヤー)とアナログ用(アンプ)とでもなるのでしょうか。電源による音色の変化までは深くこだわるつもりはなかったのですが、ノイズの混入だけは避けたかったのでそうしました。ちなみに壁コンはそれまで使っていたFIM880と松下WN-1318を付けてあります。プロジェクター用壁コンもWN-1318を設置しました。あとは、LANケーブル、サブウーファー用電源、電動スクリーン用のコンセントを忘れずにつけておきました。

スポンサーサイト
  1. 2005/01/08(土) 01:28:53|
  2. [Home Theater]ルーム編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シアタールームの概要(5)飾り梁 | ホーム | シアタールーム概要(3)本箱の設置>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/8-b60f6a86

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople