Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

回想、妄想

512.jpg

BE-PALの最新号をコンビニで目にし、表紙を見ただけで即買いしてしまいました。

・・・焚火の時間・・・

何かモヤモヤしていたのもあって、風呂場で一気に読みました。

いい!

「焚火は心を溶かしてくれる」

グサっ!

・・・私、疲れているんでしょうか(笑)

一番刺刺さったのは、

「焚火をおしっこで消す」

思わず、湯船でニヤリ。

やったやった、小学校の頃、仲間と河原で熾した焚火、最後に消す時は必ず輪になって
「○○消防団、いきます!」
と言って、消したもんだ(笑)

上京してそんな機会はあるわけなく(いや、やったら犯罪か?)、シジュウ親父のエレジーかとも思いましたが、もう少し現実的なオトシドコロがあるだろうと、週末の出来事をお伝えします。

20111105-DSC06096.jpg
<SIERRA DESIGNS NIGHT WATCH2.0>

押入れで数年も眠っていたシェラデザインのテントを久しぶりに引っ張り出してみました。





20111105-DSC06094.jpg

これ、10年以上も前のテントでソロツーリングで使っていたものです。
少し黴臭かったですが、数十拍したわりにはシャンとしていて、十分にまだ使えそうです。(よれているのはペグ打ちしていないから)
まあ、フライ、ボトムとも75D使ってますし、ポールもイーストンなんでモノは悪くないと思います。

で、このテント、実はとても変態仕様でして、、、

20111105-DSC06092.jpg

天井が開きます。

名前の由来どおり、寝ながら星を見ろ、というコンセプトのようですが、残念ながらフライのビニールは使用するたびに擦れて曇ってしまいます。

その他にも、立ったまま着替えができる、とか、荷物を天井から放り込める、なんて使用方法もあったようですが、そんな使い方したことありません。

当時、ツーリングテントといえば、ダンロップ、アライ、モンベルが主流、お洒落な御仁はMOSS(今のMSRね)を保有する中、少し変化球を狙って買った覚えがあります。
それゆえ、確かにカブッたことはありませんでしたね。
今なら、go out系の催しに行っても、絶対かぶらないテントだと断言できます。

久しぶりに張ってみましたが、軽量テントの楽なこと楽なこと。
確かに、当時もヘッデン一つで不自由無く夜に張ってたからなぁ。

そんな懐古をしていたら、早速、ワラシがヤッホ~と言って喜びやってきました。

20111105-DSC06111.jpg

こんな感じ。
この時、下半身はフルチンです、、、嘘です(笑)

まあ、フルチンでも大丈夫、というのがこのテントのコンセプトでもあるわけで、やっぱり変態テントです。

やがて嫁も中に入り、家族三人でおやつ食べました。

そうそう、嫁とは一度だけこのテントで野営したことがあります。
たしか安曇野あたりの公園、もちろん無料。
今思えば、嫁、よく耐えられたなぁ。

便利な道具満載したキャンプも楽しい。
実際、すんなり嫁も息子もキャンプを好きになってくれたから、これは良かったかと。

で。だ。

少し回帰して、もう少し不便なキャンプも良かろうかと思うこの頃。

もちろん、熊が出る誰もいないキャンプ場、ゴロゴロ石のあるただの河原、パリパリにテントも凍る真冬の吹きっ晒し海岸、挙句の果てには雨天時の橋げた、なんてハードなのは無理でも(一応全て体験済み・お馬鹿)、冒頭の自然な焚火が楽しめる少し不便な環境も良いんではないかと。

河原で石組んでの直火。
ファニチャーは全て河原で調達。
飯は真っ黒に煤けた鍋で食べるウドン。
(じゅる!、あっ、これ親父との幼少時の思い出。やっぱり刷り込まれている)

で、だ(二回目)。

嫁に、ちょっと違う幕が良いんだけどランドロック売らない?

と、言ったらコンマ何秒で即却下。

そりゃそうだ。
嫁子供にとっては別に今のままでも不便じゃないし、違った意味で不便になりたいなんて理解されるはずも無いだろうし。

まあ、男親の我侭です。
子供の安全第一ですしね。
勝手に一人で行く!、というのも小さな子持ち親には許されず。

いつかは息子と二人で行けるかな、
なんて思いながら、
少し視点を変えて薪ストーブなんて良いかも、
やっぱりコットンの参天が要る!

・ ・・

とループに入る馬鹿なシジュウ男の秋の夜長です

スポンサーサイト
  1. 2011/11/16(水) 00:07:40|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<鍛錬キャンプ@朝霧ジャンボリー | ホーム | 家庭用炭火焼肉テーブルを買いました>>

コメント

焚き火やってみたい~~~~~!!

キャンプでまだ、やったことありません!!
今まで、こんなこと思ったことも無かったです。

だから、家に薪ストーブなんてあるおうちは、好きな人なんだなあ~~~って思っていたのですが、今なら分かる気がしますね。

でも、今の家の状態だと、薪ストーブなんて設置できませんが。

薪ストーブの前で、ロッキングチェアに揺られながら、コーヒーをなんて、憧れますね~~~~

いいなあ~~~~

でも、現実の薪を調達、薪割り大変でしょうし、私の腕はマッサージやりすぎで、きっと、持たないでしょうね。
重い荷物も妻に持ってもらっている甲斐性の無い夫であります(汗)
  1. 2011/11/18(金) 14:50:52 |
  2. URL |
  3. ajisai #JalddpaA
  4. [ 編集]

えぇ~
私、焚火しにキャンプ行っているようなものですが(笑)

炎は一期一会。
同じ炎は見られないので、ぼぉ~っと見てても飽きないです。

火のありがたさ、怖さをお子さんに教える意味でも是非!

で、次は、家では適わない薪ストーブをキャンプで。
冬限定になりますけどね。

  1. 2011/11/23(水) 18:19:47 |
  2. URL |
  3. berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/623-a9498f3f

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople