Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロジェクター(1)液晶か、DLPか、はたまた三菅式か?

プロジェクターによる大画面視聴については、ここ三年間ほどずーっと考えておりましたが、賃貸マンションゆえスクリーンの設置等に難があり実現していませんでした。したがって、シアター完成の暁には真っ先にプロジェクターを導入することを夢見て、次々と出る新製品についてお勉強をしておりました。
 さて、プロジェクターを購入する際どの方式のものを買うか?誰でもお考えになるのではないかと思われます。私もそう。で、各方式について考えてみました。
三菅式
 現在では、画作りにおいて最も優れているが、価格は非常に高額で調整なども素人には手が負えない。我が家では不適格なので、候補にもならず。でも、いつかはBARCOにスチュワートなんて少し思ったりしてます。

液晶
 パネル、設置性、価格など様々な選択肢がある。近年のシアターブームの立役者ともいえる製品群で、各メーカーの競争も熾烈なため技術革新も早い。普通に使用するには10万円台の製品でも十分に満足できる。

DLP
 方式の違いからコントラスト、鮮鋭感、黒の表現力などで液晶式を上回る。ただし、近年お手頃な価格の製品もでてきたが、液晶式よりは高額。カラーフリッカーが頻繁に見える人には使用に耐えられない。

 まあ、上記は一般的なことですが、私が製品の選択時に重要視した項目は以下のとおりです。

・液晶の埃問題
 一番の懸念は、液晶式の埃問題。店頭でも埃が混入したプロジェクターの映像を何度か見ましたが、緑色にぼわっと浮き出ており、大きなものになると直径30センチくらいになっておりました。あれは、絶対に耐えられないですし、その度に修理に出すのも嫌だなと考えておりました。

・100インチは譲れない
 80インチと100インチの差は数値以上に大きく感じるものです。我が家のシアターの広さとプロジェクターの設置性で100インチ投射できないものは候補から外しました。

・予算
 電動スクリーンは必ず欲しいと思っていましたので、スクリーンとあわせて30万円代におさえたい。となると実質20万円半ばくらいまでが予算として考えられますが、幸いこのゾーンはボリュームゾーンで色々と選択肢がありました。

 上記の条件で、当時候補としてあげたのは、

 DLP:シャープ XV-Z200、三菱 LVP-HC900J
 液晶:松下TH-AE700、三洋 LP-Z3、エプソンTW200

 本命は、DLPで100インチ照射可能なXV-Z200、対抗は液晶で埃問題に対処したLP-Z3と考え、あとは実際の映像と嫁がカラーフリッカーが見えないかを確認するため、視聴して決めることにしました。
<続く>
スポンサーサイト
  1. 2005/02/26(土) 01:49:18|
  2. [Home Theater]機器編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<バスルーム(8)借景 | ホーム | 中庭(5) 玄関>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/58-8671c57e

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople