Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)


土曜日のこと。

フウタと午前中に公園で遊び、昼飯を食べさせようとキッチンで手を洗ってあげたときのことでした。
手に付いた泡を流す時、イヤイヤとごねて体をのけぞった拍子に、踏み台にしていた椅子がズルッと滑り、フウタがキッチンの扉にもたれながら床に転落しました。
落ちていく体は支えていたので、どこかを痛打することはなかったはずなのに、なぜか大泣きするので抱っこしていたら、、、

目から血の涙がポトポトと!!!





どうやらどこかで打撲をし、その衝撃でまぶたの内側を切ったようでした。

切り口を見ると、ちょうどボクサーが打たれた時のようなパックリと割れた切り傷があり、傷から流れる血で目を充血させ、鼻腔を通って鼻からも血がでておりました。

慌ててかかりつけの小児科に電話。時間外でしたが快く診察してもらえました。
しかし、診察の結果、縫ったほうがよいとの判断で、対応してくれる救急病院を探すことになりました。
休日、かつ幼児のデリケートな場所の縫合とあって、さすがの先生も苦労されたようですが、なんとか脳神経外科の先生をみつけてくれました。
かかりつけの先生、「あわてなくてもいいですからね」と言ってくれたので少しホッとしましたが、午後からの仕事に遅れると同僚に連絡し、病院へ向かいました。

救急病院に着いたフウタは、応急処置によってすっかり打撲したことを忘れてしまったように元気でした。
「“フウタ”は泣かないよ」
なんて笑いながら話すフウタがとても健気。

しかし救急病院では、やはり縫合したほうが良いとの判断で、フウタを病室に一人で残し、外で待っていました。
幼児ゆえに暴れるので、バスタオルで簀巻きにし、看護士さんが体と頭を押さえて治療するとのこと。

病室の外にフウタの泣き声が漏れます、、、

ごめんね、父ちゃんがしっかりと見ていなかったばかりに、、、

10分くらい経った後でしょうか。
看護士さんに病室に入るようにとうながされ、タオルに包まったフウタの顔を見ると、打撲だからなのか、術後だからなのか、それとも泣き過ぎたのか、目をはらして大泣きしていました。

嫁はもうベソかき状態。

三針縫ったそうです。
術後のガーゼがとても痛々しい。。。

来週以降、消毒に通院し、状況を見て抜糸するとのことでした。

病室を出た後のフウタ、ママに抱っこされ、大好きなリンゴジュースを飲むとまたまた元気な姿に。。。

ニコニコと微笑みかける姿にホッとするも、最近のワンパクなフウタに、少し慢心があったようです。
最近では、転んで大きなタンコブをつくるのも日常茶飯事。

それでもやはり、この時期の幼児は特に注意深く見守らないといけません。
自分の小さい頃の怪我した話は、笑い話のように聞けたのですが、いざ我が子となると気持ちは違いますね。。。

明日からは私が病院に連れて行きます。
たぶん、また思い出して泣くんだろうな・・・

ごめんねフウタ。

(嫁にもごめん)

あと、かかりつけの先生や、救急病院の先生、仕事の穴を埋めてくれた同僚に感謝です。


スポンサーサイト
  1. 2009/05/24(日) 23:10:25|
  2. [日々のこと]雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
<<超音波洗浄器を買いました | ホーム | またですか・・・・!>>

コメント

子供を育てていたら、いろんな事がありますよ。
自分をあまり、責めないで。

子供の行動って、読めないことも多いので。
うちでも、何度も、車走らせましたから。
でも、親になっていく課程でもあるんでしょうね。
いろんな事を一緒に過ごして、愛情がドンドン大きくなっていくように思います。

うちの子も、ストローを上口に刺さったとき、口からドォーーーと血が出てきたときには、ビックリしましたね。

目から血、さぞ、ビックリされたことでしょう!!

>「“フウタ”は泣かないよ」

この台詞を読んだだけで、自分の子供に置き換えてしまい、グゥッと来てしまいました。
  1. 2009/05/25(月) 14:46:13 |
  2. URL |
  3. ajisai #JalddpaA
  4. [ 編集]

ajisaiさん、いつも温かいお言葉ありがとうございます。

おかげさまで今週末には抜糸できるそうです。
本人、傷を気にすることなくピンピンしているんですけどね。

この年齢ですと、本人に責任はなく、親の責任であると改めて痛感しました。

男の子なんで多少・・・なんて思っていましたが、簀巻きにされたことを思うと、ただゴメンネと感じざるをえません。

>~泣かないよ

今日も病室の前で言いましたが、名前を呼ばれた途端、いやいや~と泣き喚きました(笑)
  1. 2009/05/25(月) 23:36:59 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

フウタ君、大変でしたね!
目から血が出たら、誰でも動揺してしまうと思います。ajisaiさんがおっしゃるように、予測できない行動とりますもんね。自分も子供時代はかなりやんちゃだったみたいで、いまでも親や親戚にたびたび言われます(笑)。
幼稚園の頃、友達の家で何を思ったかお菓子の袋に入っていた乾燥剤を開けて食べてしまったことがあり、このときは普段優しい友達のお母さんが真っ青になって口をこじ開けられて中身を吐き出させました。後で悪いことしたなあ、と子供ながらに反省しました。
きっと色々経験しながら、大きくなっていくんでしょうね。子供にはきっと親の気持ち、伝わっていくものだと思います。フウタ君、頑張れ!お父さんも!
  1. 2009/05/26(火) 19:27:24 |
  2. URL |
  3. kei #c25PVKvg
  4. [ 編集]

大変でしたね

目から血が出てきたなんて、読んでいてこちらもゾクゾクしてしまいました・・
大変でしたね。
でもフウタくん、強いな。さすが男の子^^

私も娘が熱性けいれんをした時は処置をされている娘を見て、涙ポロポロ足ガクガクでした。
何かあるたびに子育てって色々あるんだなぁってしみじみ思います。

うちの娘は何かあるとギャーギャー泣いて「痛い~」連発
後になっても「痛かった~!」といつまでも言ってます・・・

この間はスーパーの駐車場で私の手を振りほどき飛び出していきました。
もう冷や汗が出ました・・・
油断大敵だと思い知らされました。
  1. 2009/05/26(火) 22:42:19 |
  2. URL |
  3. あみこ #4ARdecsc
  4. [ 編集]

keiさん

やりますね、シリカ食い(笑)
友達のお母さんならホント焦ると思います。

色々とヤンチャが多くなってきまして、危ないことは厳しくするようにはしているんですけど、、、
ある程度放任も必要なわけでして、そのバランスが難しいです。

まあ、男の子なんで、、、なんていってると危ないですね(笑)

でも、代謝が激しいといいますか、打撲の後はもう直り気味です。
週末には抜糸できるそうです。
若いって素晴らしい!
  1. 2009/05/28(木) 01:53:09 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

あみこさん

今まで大きな病気や怪我も無かったので、妻はとても焦っていました。
もし熱性痙攣になったら、動転して卒倒しちゃうかも、、、というくらい今回は動揺していました。

怪我した当日、
「痛かったねぇ~」
なんて人事のようにケロッとしているのに救われましたが、気を引き締めていけないなと思っております。

急な飛び出し、危険ですよね。
今のところ、危険な箇所では手を握ることを強要しておりますが、そのうち自我と力が強くなって振りほどいてしまうことも想定しないといけませんね。

このくらいの子供の怪我は親の不注意に起因するものであって、子供に何かあったら、、、ホント怖いです。
お互い気をつけましょうね。
  1. 2009/05/28(木) 02:03:31 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/528-30ace8f6

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople