Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仕込み

パン1


我が家の朝食事情、フウタは毎朝ご飯ですが、慌しい嫁は食パンをかじり、私は二人のオコボレを食べております(笑)
食パンの消費量は、週に二斤くらいが消費ペースでしょうか。

さて、我が家の近くには沢山のパン屋さんがあります。
一斤600円もする食パンを扱うブーランジェリーと言われるようなお店や、パパママ経営の素朴な無添加パンを売っているお店まで。

でも、パンって日持ちするものではないので、週末の買い溜めには不適な食材。
結果、会社帰りにドゥマゴのパンを買ってくること多し。
これって面倒、、、それに値段の割には味はフツーだし。。。

ということで、、、







買いました。ホームベーカリー。


パン3
<MK NB-100>


HBで人気なのはパナソニックとMKらしいのですが、パナ製品はちょうどモデルチェンジ時期でどこも在庫無し(2/1に発売でした)
ホントはタイマー活用が便利なパナ製品のほうが我が家に合っているとも思いましたが、相変わらず待てない性格なので、諭吉一枚ポッキリで買えるMK製品にしました。

さて懸念といいますか、購入時に頭を過ぎったのは、
「最初は面白がって使うけど、そのうち面倒になって、、、」
というよくある話。

うちの利用方法は、寝る前に仕込んで、起床時に焼き上がるタイマー活用がメイン。
仕込みが面倒では、本末転倒となりかねません。

そこで、どこまで手軽に仕込めるかが継続のポイントだと思い、色々と準備をしました。

まず、こんなもの。

パン4

重要なものは、デジタルのスケールです。
これは、パンケースを台に乗っけて、個々の材料を入れるたびに表示をゼロリセットできます。つまり、個々の材料をそれぞれ計ることなく、流れ化作業をスムースに行えます。

まあ、NB-100には、食パン一斤用の最適な計量スプーンが付いていますので、厳密に計るのは小麦粉とバターくらいですけどね。

次に、個々の材料を収納する容器にも工夫が必要。
小麦粉はネットでまとめて購入しますが、粉を大袋からイチイチ出すのは面倒極まりない。
そこで、サイズ的にもぴったりなこれを購入。


snapwear-1.jpg

スナップウェアー

これのLサイズは2.5kgの小麦粉がちょうど入ります。気密性が高く、冷蔵庫の野菜室にもピッタリ収まるので材料へのアクセスが楽チンです。
他にもイーストや全脂粉乳用、それに、この際、砂糖や塩の容器も換えてしまえということで、大小それぞれ7つほど購入しました。

あとは材料投入の一番のボトルネックになりそうなバター計量は、カッティングガイド付きバターケースを買っておきました。(使えるかな?まだ使っておりません)


それでも、仕込が面倒ということも予想されるため、ほとんどの材料が予めパッキングされているミックス粉も購入しておきました。

色々と準備をしましたが、なぜここまで揃えたかといいますと、私が仕込むことになるからです。
嫁はフウタを寝かしつけると、自分の意に反してそのまま寝てしまうことが多く、朝飯抜きになってしまう可能性があります。
まあ、私も駄目な場合には、冷凍食パンを食べることになりそうですけどね。

とりあえず、ここまで準備をしましたし、今はまだモチベーションが高いので、しっかりと仕込み数日食してみました。

そして、肝心の味のほうでございますが、、、

美味い!!

正確には、味が良いのではなく、“フワフワのパリパリが最高!!”なんです。
これは近くの高級パン屋で買ってきても味わえません。
焼き立てならではの美味さですね。トーストしなくてもぺロッといけます。
さらに、朝のキッチンに広がるパンの焼けた匂いが良い、、、んだとか。
(私、寝てるものですから嗅いでおりません)

パン2
<この伸びと耳の薄さ。フワフワパリパリ♪>

参考に、今回の主な材料は、ゴールデンヨット、サフ(赤)、全脂粉乳、よつばバターです。
材料コストは150円くらいでしょうかね。

次は天然酵母にチャレンジしてみたい。一回起こせばドライと同程度の手間らしいですし、何よりも天然酵母のパンは大好きです。

私のパンのリファレンスは、パルシステムの天然酵母食パン。
今はもう止めてしまったけど、近い味が出せるかな?

そうそう、今回HBを導入した動機ですが、フウタにチョコパンをつくってやろうという嫁の思いもありました。
そう、バレンタインにあげるんだとか。

早めに“仕込んだ”ので、上手につくってやってください。
そして、まあ、私はいつものオコボレでいいですわぁ(笑)


追加

このHB、安くて美味しいパンができるので非常によろしいんですが、思ったよりデカイ。
で、ナントモなデザインなのでキッチンで浮きまくり。
まあ、我が家はフウタが生まれてからは二の次になっておりますので、あまり気にしないようにしております。
ちなみに、騒音は感じていません。寝床が遠いからですね。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/07(土) 00:03:23|
  2. [物欲フツフツ]妻編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<バレンタイン | ホーム | 災難な日>>

コメント

>ということで、、、

やっぱり、そう来ましたか(笑)
ホームベーカリー、羨ましい!!
買う寸前までいったことがありますが、結局、最初だけで、後、ちゃんと使うかってところで引っ掛かってしまいました。
アイスクリームメーカーも同じです。
そんなにしませんが、買わずになっています。

でも、妻は、いまだに欲しいみたいですが。。。
うちで、結局、選んだのは、おいしく焼けるトースターでした。
温風付きの物です。
おいしく焼けますね。
普通のとは違います。
最近は、100円で1斤買えますから。
ついついこちらを選択してしまいます。
って、毎朝、子供達がパンで、私たちはご飯なもので。。。
これが全員、パンだったら、この選択もありえるのですが。
私は、朝、ご飯ではないとすっきり目覚めない感じがしてで。
そのかわり、子供の残ったパンの耳を食べていますが。

>ナントモなデザインなのでキッチンで浮きまくり

確かに。わたしなんて、機能で選ぶことが多いので。意匠は二の次で。
バラバラになってしまっています。
子供がいてると、余計にですよね。
うちなんて、リビングにカラーボックス、そこに、子供達の着替えがごっそり入っていますから。(笑)
見栄えは、子供達がある程度落ち着いてからですよね!!

  1. 2009/02/07(土) 11:20:07 |
  2. URL |
  3. ajisai #JalddpaA
  4. [ 編集]

ajisaiさん

うちも、最初は嫁が欲しがったんです。
で、正直言いますと、嫁の楽天ポイントが他のカードからの移行で溜まっていたので買いました。
(材料その他は私が揃えました)

思ったより仕込みは面倒じゃないですよ。
パパパって慣れれば三分コースかも。
それより、市販で買う食パンとは明らかに違う食感に大満足です。

美味しく焼けるトースターと組み合わせれば、素敵な朝食にありつけること間違いなし!!
耳も美味いですよ(笑)

費用はBDディスク三枚もしませんのでいかがですか♪

  1. 2009/02/07(土) 22:51:39 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

美味しそう!

話の流れからホームベーカリー購入に行くとは僕は読めませんでした(笑)。
いやー、でも見るからに美味しそうですね。朝の焼きたてのパンの香り、僕もかいでみたいです。
料理は嫌いではないのですが、後片付けが苦手で・・・
仕込みが簡単そうですが、パンを焼くのってもっと面倒くさいのかと思っていました。カッティングガイド付きバターケースというのも初めて知りました。でも、あらかじめ色々な備品も購入するところが、Bergさんらしいこだわりを感じました。
僕は朝が苦手で、ぎりぎりまで寝ているのでせっかくかみさんが朝飯作ってくれても時間がなくて残してしまうことが多いです。ダメですね、やっぱり朝はちゃんと食べよう!
  1. 2009/02/08(日) 20:45:40 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集]

>後片付けが苦手で・・・

同じです(笑)
でも、これは楽ですよ。小さなパンケースと攪拌用の羽を洗うだけですから。炊飯器より全然手間がかかりません。
汚れるのはパンをスライスするときかな。
これも食洗機に放り込むだけですから問題ないですけどね。

今も仕込んできましたが、準備の甲斐あって苦にならず、続きそうです。

そうそう、小麦粉ですが、やはり安全で美味い粉になると国産で、そのほとんどが北海道産なんですよね。
特に「はるゆたか」という品種は人気が高く、100%ものは入手が困難です。
もしかしたら、keiさんのご当地では他にも美味しそうな粉がありそうですね。
実際、ニセコや真狩界隈には有名なパン屋さんが一杯ありますし。

うちも子供が生まれるまでは朝食軽視でしたが、一緒に楽しく食べるようにしています。
とはいえ、未だに朝は苦手ですけどね。。。

  1. 2009/02/09(月) 22:40:37 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/509-f393a407

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople