Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

病の連鎖

ブラックキャップ
















<二週間前にタンクメイトになったブラックキャップバスレット。パープルが映えて綺麗なんですが。。。>

先々週からのフウタの高熱ですが、先週の金曜日に体に発疹が出て、「突発性発疹」と判明、月曜日には熱が引き、今ではすっかり元気なフウタになりました。
ご心配おかけしました。

何やら、引き始めの風邪と突発が連鎖的に起こったらしく、症状が長引いたようでした。
40度近くの高熱だったのでフウタも大変でしたが、その間に私、妻とも風邪に感染(初期風邪がうつった?)、二人とも病院送りとなりました。
もう駄目だぁとの思いで義理の母に応援に来てもらい、なんとか家族みんな快方に向かった次第です。

ふ~。

実は、今週は少し休みをとって、私の実家と軽井沢に行こうと計画していたのでしたが、この騒ぎで中止に。
(私の親は消沈・・・)
フウタの快方を確認した上で、皆がゆっくりできる嫁の実家にお泊りに行くことにしました。

が、、、






なんと、応援に来てくれたお母さんが風邪気味に。。。

子供の風邪ってそんなに強烈なのでしょうか?
それとも看病疲れで体調が崩し易くなるのでしょうかね。

申し訳ありません。

そして、本日、我が家に帰宅すると、、、

ブラックキャップバスレットが白点病に(泣)


ブラックキャップ2
















<自慢の”黒い帽子”にもドット柄が。。。>

二日ほど家を空けたのですが、特に水温や水質の変化は見られません。
う~、フウタの風邪がこいつにもうつったか。。。

いや、白点に陥る理由はあったわけで、導入時の数日間、チェルブが追い掛け回してストレスが溜まったものと思われます。

実は、二ヶ月前にもバヌアツ産のフレームエンゼルを入れて、チェルブに追い掛け回され、白点になり一週間で落としてしまった罪深い過去があります。
この時は、目測を誤ってチェルブより若干小さいフレームを入れてしまったこと、誤って隔離ボックスのフタを外してしまい一日で水槽に入れてしまったこと、そして素人の薬浴漬けで体力を急速に落としてしまったことがあげられます・・・
・・・つまり、全てヒューマンエラーです。
可哀想なことをしてしまいました。

薬浴

























<フレームエンゼルの薬浴。一時良くなったと思ったら、エラにも白点がまわって。。。>


その反省を踏まえて、ヤッコの混泳は当分諦め、サイズも少し大き目なハタ科のブラックキャップバスレットをタンクメイトに選び、慎重に一週間ほどお見合いと餌付けを行ったのですが、、、チェルブはそんなのおかまいなく暴君と化しました。

チェルブっておとなしいとの情報があったのに。

それでも、石組みを複雑にしたおかげで、ブラックキャップは意地悪をされない居場所を確保して、餌も順調に食べていたので安心して家を空けたのですがね。

帰宅して水槽を確認したら、水槽のど真ん中でゆったりと泳いでおり、チェルブも関心を無くしたのか追い掛け回していなかったのでホッとしたのもつかの間、よ~く見ると写真のようにポツポツと白点が付いていたわけです。

海水魚の混泳って難しい。

とりあえず、餌もバクバクと良く食べますので、自然治癒を期待してマリンフォーミュラーの臨時添加で様子を見てみようと思います。

ああ、フウタの風邪が治ったと思ったら・・・

皆様も残暑の折、お体ご自愛下さいませ。



スポンサーサイト
  1. 2008/09/25(木) 00:48:38|
  2. [海水魚]バイコムアーク60|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<親近 | ホーム | I'm home>>

コメント

白点病

まずはフウタ君、元気になって安心しました。
今度はブラックキャップバスレット君ですね~。
餌をよく食べているのではひとまず安心ですね。
まだそれほど酷くはないみたいですし。
海水魚の混泳はほんと難しいですね。
入れてみないとわからないって感じです。
人間社会と同じで複雑怪奇であります。
  1. 2008/09/25(木) 06:37:53 |
  2. URL |
  3. ぺ・矛盾 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

お孫さんも突発だったんですね。
珍しくはないとはいえ、月齢が浅いので心配ですよね。
うちは発疹が魚に飛び火したようで、ぺ・矛盾さんのところもお気をつけ下さい。

ちなみに今朝は発疹が見当たらず、いつもはあげない朝食も爆食い。
でも、夜には・・・というパターンも経験しておりますので、要観察は継続です。

混泳、人間と同じで、やっぱり個性なんですよね。
こればっかりは読めません。
それでも、小さな世界を掌る者としては、リスクを最小限にしてあげないといけませんよね。




  1. 2008/09/25(木) 11:53:02 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

フウタくんにはじまり、大変でしたね。
うちでも、ひとり、風邪ひくと家族間で2週ぐらいグルグル回したことありましたね。

更に、義理のお母様までですか。

その上、更に、海水魚までとは。
大変でしたね。

いろいろと一筋縄でいかないんですね。
ズボラな私には、到底、やれそうにありません。(トホホ)

うちの姉の旦那さんも、いろいろとこの手のやっていましたが、かなり大きい水槽で、2つ持っていましたっけ。
義理の兄は、やりだしたら、とりあえず、大きいところから始めちゃうので。
今では、空で放置されていますけどね。
まあ~、ほんとに飽き性なんで!!
その時、お金だけはかけるんですけどね。
困ったものです。
  1. 2008/09/25(木) 13:14:05 |
  2. URL |
  3. ajisai #JalddpaA
  4. [ 編集]

>その時、お金だけはかけるんですけどね

ドキっ、ドキドキ!(笑)

生き物だけは無責任できませんからね。
私も、海水魚はできるだけ手が掛からないように心掛けています。
とりあえず、今のシステムだと、一日一回の餌やりと(一週間くらいは空けるのも可ですし、自動餌やり機もあるし)、月一日の大バケツ一杯の水換え、半年に一回のメンテナンスで済みますよ。あっ、週一のコケ取りもあるか。

いずれにしても、塩水の扱いはありますが、金魚と変らないのではないかと思っています。
ただ、少し変ったことをやろうとするから。。。まあ、趣味としては仕方がないことです。
  1. 2008/09/26(金) 23:40:07 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/484-1c3d8e2b

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople