Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中庭(2) 大判ガラス

≪この記事は2月19日にUPしました≫
20050218235911.jpg

 かなり長細の中庭。当然、開口部分にはガラスやサッシが入るわけで、どのような仕様にするかを設計者と詰めました。案としては、以下のような考えがありました。。。
 1.ペアガラス
 2.単板ガラス
 3.部分的に窓を取り入れる

 考え方はシンプルで、美観をとるか機能をとるかの二択です。

・ペアガラス、もしくは窓を入れると、間にフレームを入れなければならず、美観を損なう。

・単板ガラスにすればコストも安く見栄えも良いが、断熱、結露が懸念される。加えて、窓をいれなければ、当然中庭からの通風はない。


 機能重視の私としては、ペア+窓を選択、機能についてよく分からない嫁は美観重視の単板勝負!!

 結局、我が家のパワーバランスから設計者は嫁案を支持。。。断熱、通風は設計上心配無いということでした。

 で、出来上がったのが写真の開口部分です。

 私がもっとも心配した結露なんですが、、、これが全く無いんです!
 ファンヒーター等を使っていないからなのか、外壁によって閉ざされ直接冷気があたらないからなのか、よくわかりませんが一度も濡れたことはありません。さすがにサッシの部分はたまにうっすらと水滴がつくことがありますが、これは他のペアガラス部分とて同じこと。結果オーライなのか、これは嬉しい誤算でした。

 断熱、通気については、設計者のいうとおり問題ありませんでした。コンクリート打ち込み式の床暖が効いており、廊下が特段寒いわけでもなく、場所柄そこに留まるということはありませんからね。通気はもともと、立地条件から風の抜ける位置を考えて窓を配置してくれていたので、水平、垂直方向へと良く抜けます。

 ただ、全てがバンザーイということでもありません。施工時から頭にちらっとよぎっていたのですが、

「このガラス、誰がどうやって掃除するの。。。」

 もちろん、私の役目ですよね。ホームセンターへ行って伸縮式のポールと窓拭き器、あと状況によっては脚立を購入する予定です。目立つ箇所だけに、綺麗にしておきたいですからね。

 実際、先週の朝、ガラスになにやら白いものが、、、やられました、カラスの仕業です。

 固着する前に、外からジェットホースで流して難をえました。


 あとは、ガラスの継ぎ目のシール部分は、痩せてきたらメンテが必要でしょうね、多分。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/15(火) 01:51:54|
  2. [いえづくり]中庭(パティオ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サラウンドスピーカー DM303 | ホーム | センタースピーカー CC6S2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/46-941bba9e

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople