Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

保険を見直す(1)

今更ですが、生命保険を見直しています。
最近は、もうこれに夢中(笑)

お恥ずかしながら現在加入中の保険は、オバちゃんの言いなりに入っていた保険と会社の団体保険。
見直しは、「更新時期が何年か後に来るので今のうちに見直したほうが良い」というDMが入っていて、どういうこと?と疑問を持ったのがきっかけです。

それから結構調べてみたところ、今の保険には無駄が多く、また一部保障が足りないことに気付きました。(子供が生まれたというのに。。。)
今更ですが、現時点でも気付いて良かったです。
そういう意味ではオバちゃんに感謝ですが、

・・・・すみませんなぁ、解約して別の保険を組み立てます(笑)

現段階ではまだ組替えていませんが(健康体ですから大丈夫でしょう、たぶん)、結論から申し上げますと、、、





同じ掛け金で、死亡保障も医療保障も、加えて癌罹患時にも厚い保障ができそうです。

今までの保険がなんと割高なことか。。。
ただし、このプランでいくかは悩み中です。

さて、生命保険というのは、突き詰めれば十分な貯金があれば不要だと思います。
どんな有事にも家族が生きていくだけの蓄えさえあればですね。
特に医療保険なんて、その最たるもの。
“入院一日目から5,000出ます”
それが大事なこと?
家計が大幅に狂ってしまうケースを支えるのが保険の役目だと考えると、正直どうでもいいことだと思ってしまいます。(次回以降にもう少し詳しく述べてみます)

ということで、生命保険に関係しお金に関わるリスクを考えると、、、

1.扶養者の死亡時
残された家族が十分に生活できるだけのお金を用意しなければなりません。
もちろん、社会保障や現在の貯蓄・資産等を加味して考えます。

2.長期にわたる入院時
ここでは、医療費に幾らかかるというよりも、収入への影響が大事です。

もちろん、お金に関わるリスクは、職を無くした、とか、親の介護費用(これが大きいだろうと予想されます)などもありますが、生命保険でカバーできるものではないので、ここでは除外します。

まず、死亡保障について。
子供も生まれたことですし、フウタが社会人になるまで、もしくは我々が年金をもらえるくらいまでを想定し、ライフプランを考えてみました。
(余談。ライフプランって作ると悲しくなります。“フウタが大学生、その時の私達は~~歳”・・・凹む)

収入
給与収入・・・現状の収入で仮定します。給与の上昇や退職金などは見込まないことにしました。
社会保障費・・・調べてみました。

支出
生活費・・・現状を検証してみます。
子供の教育費・・・まあ、考え方にもよりますが、ここでは塾費用やALL私立(理系大学院)までの学費を想定します。
将来イベント・・・家の修繕や、先程の親の介護なども想定しないといけません。

とまあ、以上をざっと考えてみましたが、驚愕の事実が明らかになりました。

遺族年金がもらえない?!

我が家は共働きですが、妻に先立たれても残された夫には遺族年金が出ないんですね。
どうやら、働く女性を想定していない頃の制度がそのまま残っているようです。
収入の無い妻に先立たれた場合でも、残された夫は大変だと思うんだけどなぁ。
それに、世の中には主夫されている人もいるのにねぇ。
労働力減に対して女性も働けと言いますが、このあたりにまだまだ制度が遅れているように思われます。

さらに、我が家の場合、その他の条件で夫である私の死亡時にも妻に遺族年金が支払われないようです。
今まで不公平感を感じたこともありますが・・・遺族年金といった性格の社会保障は公平であって欲しかった。自分の身は自分で守らないといけません、嫁よ、覚悟しないとね。

ということで、ライフプランから年度毎に必要なキャッシュを想定し、貯蓄額等を考えると、、、

はい、当面は大赤字です(笑)
フウタごめんなさい。浪費癖の親が悪いんです

ということで、必要な死亡保障額を算定してみました。
(これはさすがに内緒です)
加えて、20年後を考えるとインフレも考慮しないといけませんね。

次に医療保障について。
ここでは長期疾病を想定しました。

収入
傷害手当・・・1年半は給料の60%が支給されます。

支出
医療費・・・高額医療費制度(月の医療費自己負担の限度額)を考慮します
生活費・・・生存が前提なので住宅ローン等も含めなければなりません。
差額ベッド代・・・ん~、長期入院の際に考えることかなぁ?と思いつつ、一応考慮。
その他諸々・・・交通費や看病の負担を考えてベビーシッターとか?

まず、現状の高額医療費制度では、保険適用の医療であればどんな医療でも月に上限10万円程度までしかかかりません。(保険のパンフは煽りすぎです)
したがって、考えるべきは、医療費用というよりは入院による収入減をカバーすることが重要です。
特に住宅ローン持ちにとっては重要ですよね。
我が家の場合、妻が産休、育休を通じて味わった減収の悲しさを意識しております。(貯蓄の減りが加速度的に・・・笑)

「歳を取って年金暮らしになったら医療費が負担になるよ」という意見もありそうですが、老後に医療費を賄えるくらいの貯蓄が無いほうが問題だと思うのですが、どうなんでしょう。

それに、30年後に月々5,000円の価値がどうなの?という疑問もあります。

さらにさらに、医療制度改革で長期入院が減る方向にあると思います。この点、入院しないともらえない保険ってどうよ?と思います。療養病床が削減されることからもこの傾向は明らかで、終身ということを考えたら、医療保障よりもむしろ自身の介護保障にあてるほうが重要なのではないかと。

・・・・・

と思いつつ、一方で、高度先進医療は受けたい、とか、高額医療費制度がいつまで続くのか?という迷いもあったりします。

ということで、上記を考慮して世の中にある40社近くの保険会社から、様々な商品を仮選定してみました。

<続く>

スポンサーサイト
  1. 2008/04/21(月) 01:59:15|
  2. [ふうた]誕生~育児|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<保険を見直す(2) | ホーム | リビングに学習リモコンを導入>>

コメント

生命保険ですか。
私は、この場所で、商売し直しの時に、入り直しましたね。
でも、「続く」が気になります。
わたしも、未だに、生命保険については、消化不良です。
掛け捨ての分、何か損している気がしてで。
  1. 2008/04/21(月) 11:26:19 |
  2. URL |
  3. ajisai #JalddpaA
  4. [ 編集]

見直しは大切ですが、現在は、金利が低いので、負担が
軽いのならば、放置プレーという選択もあるかもしれません。

とりあえず、ご自身の誕生月によって決まる、
次に保険料が上がる前の月までは熟考するのがいいと思います。
  1. 2008/04/21(月) 19:55:02 |
  2. URL |
  3. 鍵コメ #326u4AQo
  4. [ 編集]

自営の方の場合、社会保障費が少ない分、保険は必須になりますよね。

子供を見ていると不自由だけはさせたくないと思い、保険の見直しをする。。。保険屋さんの思う壺壺。

純粋な”保険コスト”を重視した場合、死亡保障の保険だと「変額保険」が割安になりますよ。

医療保険だと、一部の商品で終身タイプが掛け捨てより”保険コスト”が格安になったりもします。
まあ、色々と考え方があるので、次回ご紹介しますね。

  1. 2008/04/22(火) 03:36:31 |
  2. URL |
  3. ajisaiさん #-
  4. [ 編集]

鍵コメさん

金利や負担よりも、今の補償額がチト不安なんです。
共働きだと、「まとまった保障はいりません」と判断されることが多いのですが、でもやっぱり考えちゃいますよね。

というより、私にとって重要なのは、この機に嫁が追加保険加入することだったりします(笑)
  1. 2008/04/22(火) 03:41:37 |
  2. URL |
  3. berg #-
  4. [ 編集]

>ALL私立(理系大学院)までの学費を想定、、、
想定できるのに、確か最大で月20諭吉弱の遺族年金がもらえないのが驚愕って、、。
おかしいなあと思ってました。そういう事ですか。

私は「お宝保険」35年の定期で満期返戻金を年金としても受け取れる、、、
担当の上司がこようが、担当がおばちゃんから、お姉ちゃんに変わろうが、
電話攻撃、家まで押しかけられようが、死守しました。
年金と両方ともだからか、私だけ、テレビ雑誌もくれません。
子供の写真のカレンダーだけはもらえるので、よしとしています。
  1. 2008/04/22(火) 05:17:59 |
  2. URL |
  3. 鍵コメ #326u4AQo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/451-e5a5f73a

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople