Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子供のための家づくり2

20070503025041.jpg
<写真は再掲です>

遅ればせながら、前回の続きです。

<前回> そして何よりも頭を悩ませるのは、家の危険な仕様のことではなく。。。

「この家で子供とどう過ごすのか?」

について悩んでおります。
家を建てる頃には、とりあえず子供部屋があれば良いとだけ思っており、居室の確保だけを考えておりました。

ただ実際に住んでみて、また産まれてみて、当時子供が居たら果たして同じ家を作ったか甚だ疑問に感じております。

無論、子供の成長、つまりライフステージに応じて過ごし方が変わるのであろうことは予測しております。
ただ、実際に子供を持ち、現実的な状況となると色々と考えることがあります。







1.まずはハイハイし始めたら、、、
リビングか?それとも日当たりが良く風通しの良い寝室か?

リビングを考えた場合、とりあえずセンターテーブルは撤去するか小さめのものに変更です。もちろん、スピーカーやTV周りの溢れたモノも撤去です。
さらに、床は子供に優しい敷物に変更です(床暖対策も考えねば。。。)
これで、ある程度の広さは確保できるのですが、ホントにリビングで良いのだろうか?

IMGP2250-2.jpg
<これも再掲>


一方の寝室案。日当たりや風通しを考えると、我が家の最高の場所は南に面する寝室だからです。ちなみにリビングは北側です。セオリーを無視した配置ですが、借景の活用や狭い敷地ゆえこのような間取りとなっております。こちらも広くはありませんが、ベビーベッドなどを撤去すれば乳児の遊べるスペースは確保できます。何せ、風通しや日当たり具合が抜群です。床も無垢材なので体に優しそうです。

ん~、どちらにするべきか?
雑誌で見るような豪邸では、子供のための2NDリビングなんてものもあったりしますが、我が家にとっては縁遠い世界。限られたスペースでフウタにとって最適な空間を提供しなければなりません。
子供の活動スペースや、添い寝によるお昼寝、離乳食の開始、、、色んなことを想定しなければなりません。

とりあえず整理されていることは、当分は産休中の妻が昼夜一緒なので、親子のコミュニケーションという問題はありません。水周りや落下という危険度は同じです、多分。

冒頭の写真は、今では寝かせる用途を満たしていないベビーベッドです。先日、寝室案を試そうと撤去しかけましたが、このベッド、通常のベッドより高さがあるのでオシメ換えがとても楽なのです。さらに吐き戻しや、男の子ゆえのオシッコ攻撃によって一日の着替えは頻繁であり、その際にも役に立っております。二面が開けられるツーオープンベッド、本来の使い方ではなくなっていますが、大活躍といえば大活躍。
ゆえに、撤去しようとボルトを緩め始めてから妻にストップをかけられ、現状も使用しております。

(何故かシモンズのベッドではスヤスヤと眠ります。違いの分かる男!? ヘブンリーベッドの違いが分かるのか?(笑) おかげで、クイーンサイズの半分を「大」の字で寝るフウタに占拠され、一番役立たずの私は隅っこで転落しないように小さくなって寝ております(泣) 夏で良かった。もちろん、大人用のベッドに寝かせる危険には十分注意していますよ。)

話がそれましたが、多分、現状を考えると寝室が良さそうな気がします。
その際は、ベビーベッドの撤去が前提となります。寝室は11帖位のスペースがありますが、大人用のベッドとチェスト一点だけにすると、それなりのスペースが確保できると思っています。加えて、妻の居場所が寝室中心となるので、ダイニングのTVくらいは移動します。

さて、どうでしょうか?




2.保育園に行くようになったら

これは自ずと結論がでています。
やはり、リビングでしょう。
食事を作ったりする際に目を離すことはできません。でも、我が家はリビングとダイニングが離れたりしているので心配です。中庭に面する廊下・階段スペースは強力な安全確保が必然です。




3.小・中学校に入って自立を意識するようになったら

できる限り、リビングやキッチンで勉強をさせようと考えております。あまり人の言う事を聞かない私ですが(笑)、この考え方には一部共有することができます。頭の良さは?ですが、できるだけコミュニケーションを取ることの重要性は認識しています。
で、自立するようになったらどうするのか?
家を作るときの想定は、現状予備部屋となっている和室(いや物置部屋)をあてる予定でした。でも、今考えると一番良いのは現状の「寝室」だったするのかなとも思っています。
気配までは感じませんが、3Fなので程よい距離感があります。
ん~、既に過保護の考えに侵されているのかな?

ということで、長々と書きましたが、実体験をしていない新米両親の考えなので、皆様の実体験やアドバイスなどがありましたら教えてください。
宜しくお願いします。


スポンサーサイト
  1. 2007/08/01(水) 02:01:48|
  2. [ふうた]誕生~育児|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<暑中お見舞い | ホーム | 今更ながら脳内メーカー>>

コメント

いやあ、みんな考えることは同じですよ。
「子供を作り終えてから」建てれば自ずと違う家ができます。
それは子育てには良い家かも知れませんが、子供達が成長したとき、あるいは巣立ったときに自分達の思っていた家であるかどうか・・・
(リフォームすればいいじゃないか!というのはさておき・笑)

同じ土地に、同じ建坪で3回建てないと良い家・思った通りの家は建たないと言いますし、永遠の無い物ねだりになってしまうのではないでしょうか?
その点、僕から見ればBergさんのお宅はよく考えられたお宅だと思うのですが・・・
  1. 2007/08/02(木) 12:28:02 |
  2. URL |
  3. Sinn #-
  4. [ 編集]

王道なし

子育てに王道は無いっす。

大人用のベッドは、ほとんど動かない今だけです。
落ちますよ。
2人とも寝てる間に、はい出すとか、お昼寝の時いつ起きるかわかりません。
うちは、当時のリビングのソファーで昼寝していて仰向けに脳天から落ちて
救急病院行きました、、。(確か6ヶ月くらいです)

自分の部屋だけ温存しようなんて、甘いっす!
まずベッドを1階か地下ですね。  キッパリ!!
その上で、3階か2階か決めるといいと思います。
温存できるのは階段下が精一杯です。

うちは、子育て用のつまらないうちなのですが、専用故に、工夫はしました。
もちろんリビングを通らないと子供部屋には行けません。
子供部屋は南にはありません。でも寝坊しないように、東のハイサイドに窓が有ります。
どこでも勉強するのも想定済みです。
うちは対面キッチンですが、キッチンの奥のリビングから一番遠い角に
作り付けの机を作りました。
カミさんの書斎です。ダイニングとちょっとリビング、そしてここで勉強させるつもりです。
キッチンに間接照明は有りませんが、シーリングライトを、キッチンとは別に
ここにもつけました。
家計簿、読書、PCができるようになっており、アイロン掛け分のスペースまで
想定しています。窓も有ります。
リビングからだと顔は見えません。(いい距離だと思ってます)
あと、階段です。2階への階段は、客も通りますが、3階へはプライベート、なので、
ここの壁を出窓ならぬ出棚にして、B4でもはみ出さない本棚にしました。
ハイサイドに灯りとりの窓2つ、リビングとの間にも飾り窓、
さらに3階寝室の化粧台の脇に階段側に窓を作り、
気配を感じられるようにしました。
うちは廊下、階段、トイレはすべて人感センサーですが、この階段だけ、
それとは別に雪洞ライトをつけました。(読書用です)調べものは、みんな階段です。
落書き白盤もこの階段です。

うちは、狭小ですが、南に10mを越える歩道が有ります。
今は、子供が、自転車でぐるぐる回ってます。
2階、3階のベランダ、窓から見えます。
庭も狭小ですが、シンボルツリーとクリスマスツリーが植わっており、
今は、ひまわりです。2mにもなってます。
完全南、北にも道路、長方形という、なかなかない条件です。(ただし超狭小)
前がそんななので、日当たりは完璧です。
さらにうちは1、2、3階の天井の高さが違います。
リビングが一番高くくつろげるようになってます。
そんな作りですが在来工法ながら、3階建、姉歯以降の物件なので、
構造計算も、火災報知器も、きっちりです。

15年後に、籠り部屋から風呂に入りにいくのは、つらくないですか。

うちはすべて歩いて行ける範囲でお国の中学までは行く予定ですが、
塾は考えました、そのため、最寄り駅から歩ける、、
これは大事だと思ってさがしました。
お国、有名私立はいったん家に帰ってからでないと塾行ってはいけませんからね。
バス、、なんて言ったら、親が車で送り迎え、、。
小学生、時間が遅ければともかく、負担が大きすぎます。
現状、駅前、塾の前は、お迎えの車がずらり、、。
今と、20年後を考えると、子育て込みならもっと大きな選択も有るかもしれませんね。
お受験可能ぎりぎり地域に住んでいて、受かったら、学校のすぐ近くに引っ越す、、。
 子供最優先ですねえ、、。
私も「目から鱗」でした。100年以上の歴史が、住民側にも有るんですね、、。

王道なしですが、有るとすれば、孟母、、、でしょうか。

  1. 2007/08/03(金) 23:52:11 |
  2. URL |
  3. 鍵コメ #iI1NUufw
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/04(土) 22:28:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

sinnさん

お返事遅れました。

そういっていただけると、気が休まります。
頭で考えていたのと、実際では違いますね。また、子供の個性によっても変わっちゃうし。

もう一度チャンスがあるとすれば、sinnさん家みたいに、庭イジリ、特にBBQのDIY施行は絶対に取り入れてみたいと考えております。
分かっていたことですが、外をいじる楽しみがほとんど無い・・・

  1. 2007/08/06(月) 03:47:35 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

鍵コメさん

>大人用のベッドは、ほとんど動かない今だけです。

ですか、、、一応、ベッドガードは付けたんですが、足下から落ちる可能性もあるわけですね。

>自分の部屋だけ温存しようなんて、甘いっす!

ちょっと待った!(笑)
あの部屋は、嫁の書斎です。それに、地下にベッドは運べません。
温存なんて思ってないけど、息子には絶対に渡さないとも決めております。地下星人はイカンです、はい。

鍵コメ邸、色々と工夫しておりますね。立地も良いし。
それでも、何か誤算ってありました?
って。聞いてもしょうがないか。我が家がどうにかなるわけでもないし。ふ~。

>15年後に、籠り部屋から風呂に入りにいくのは、つらくないですか。

結構悩んだのが、エレベータースペース。お金の問題でエレベーターは無理ですが、将来的に設置可能な作りにしておこうかと。RCだから床打っておかなきゃいいだけです。
でも、狭小住宅ではスペース確保の点で無理でした。

いずれにしましても、設計時よりこの家は間違いなく終の棲家にはならない前提でした。
問題は、いつ出て行くか、いや出て行けるかですなぁ。早ければ早いほどいいんですがね。

同僚に「生涯賃貸派」がおります。ライフステージに応じて住みかを変えるのが宜しいということです。
本人、離婚を含めてライフステージの変化が多すぎなんですけどね(笑)

それにしても、今だと考えますね。
この家を建てる頃だったら、賃貸に住んでアパートかマンションを投資用に買ってたかも。


  1. 2007/08/06(月) 04:07:03 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

リアル鍵コメさんへ

色々と情報、ありがとうございます。
ん~考えられます。
返信は、しばしお待ち下さい。

  1. 2007/08/06(月) 04:09:36 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

今日、バスに乗ってたら2~3歳くらいの男の子がいまして、
「おとうさん、右にバスが曲がるから気をつけて」
と可愛らしい声で喋っていました。

その他にも、小さいわりには随分としっかりしてて感心しました。
「お父さん」と呼ばせているところに、共感が持てて、鍵コメさんを思い出しました。きっと、こんな良い子なんだろうなぁっと。

コメント、ありがとうございます。
夫婦共々、できるだけ多くの時間を共有することが大切だと感じました。
今は乗り切れそうかなとも思いますが、状況が変われば難しいことになるのかもしれません。
それでも、できる限り、今しかない時間を大切にしていこうと思います。

少し、自分のことを振り返ってみました。

私の両親も共働きでしたが、小さな頃の記憶が曖昧でして、どこかに連れて行ってもらった記憶がありません。
記憶のある状況から察するに、時間を多く取ることは難しかったと思います。

それでも、今の私の状況がどうあれ、自分自身は大好きです。今も昔もです。
ですから、親不孝を一杯してきましたが、そんな自分に導いてくれた親に大変感謝しております。

当時の子育て風潮は良く分かりませんが、本を一杯与えてもらったことだけは覚えております。自発的に楽しんで算数を一杯やっていたことも覚えております。保育園の頃から掛け算をやっていたりしたらしいのですが、その一方で小学二年生の夏休みは「あいうえお」をひたすら書いていた不思議な子供のようでした。

躾も厳しくされました。人様に迷惑をかけるとビンタなんて当たり前。親父にもぶん殴られました(小学二年生の時。それもグ~で・笑)
ですが、親の願いも空しく、素行の悪さは高校まで続きました。

ひるがえって、自分の息子はどうなんだろうか?と考えました。
某所における躾の件には正直、驚きました。

うちは無理・・・

父親ができなかったことを、子供に望んでいいのだろうか?と。
親なりの家庭があるのでは?と。

妻の遺伝子に期待すべきかもしれませんが、少なくとも「育ちの良さが分かる家庭」では無いと思うんです。
かと言って、今の親父の後ろ姿で分からせるほど真面目に生きていませんし(笑)

あれもこれも期待しないで、私の息子なりに、そして私なりに接してあげて、本人が「自分が大好き」と言ってくれれば、親冥利につきると思っております。

この子は、将来、何に喜びを感じるのかなぁっと思う毎日でございます。

さて、息子の寝顔を見に寝床に戻るとします。
今後とも宜しくお願いしますね。

  1. 2007/08/07(火) 00:48:36 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/10(金) 05:35:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/398-180c1458

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople