Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京国際フォーラムにて

hakasetourlogo2006.jpeg


土曜日ですが、葉加瀬太郎のソロ10周年コンサートに行きました。夏にチケットを入手していたのですが、先週になるまで忘れていて、あわてて予定を調整した次第。ついでに、フォーラムの駐車場が混んでいて、危うく遅刻しそうになりそうでしたが、なんとか滑り込みセーフ。

老若男女(いや女性が2/3くらいか?)様々なオーディエンスの存在が彼のコンサートの特徴でしょうか。晴れ着を着た叔母様までいて、有楽町の一角は師走らしい雰囲気でございました。







いやぁ、やっぱり良いです。

何が良かったかって?

そりゃぁ、古澤巌さんですよ。

今回、葉加瀬氏の師匠である古澤アニキがツアーに帯同しているのですが、改めて惚れ直しました。
いや、前にコンサートで見た時と変わらないのですが、一寸の狂いも無いテクニックはもちろんのこと、その音色の甘美なこと。
そして、例によって演奏時の凛とした振る舞い。ド派手な衣装を忘れさせ、「エロティシズム」させ感じさせます。

残念なのは、マイクを通した音源だったこと。1F10列目くらいのラッキーな席でしたが、そこでもSPからの音がほとんど。これは仕方ないのですが、また、アニキの生音が聴けるハクジュホールに行って齧り付いて見に行こうかな。

そして葉加瀬氏。年を越すための元気を注入していただけました。感謝。

でも、なんか更に肥大化していませんかね(笑)

そうそう、今回のツアーではメンバーが大きく刷新されたのですが、ギターの中山クンが凄かったですわ。ソロでの拍手の大きさは、主役を食っていたような気もします。特に二部については、彼のギターあっての構成、編曲だったような気もします。デビューの経緯も驚きですが、今後楽しみです。

ということで、師走を乗り切るための活力をチャージし、明日から仕事に精を出します。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/03(日) 17:52:47|
  2. [日々のこと]雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<家玄関の補修工事 | ホーム | 加湿器>>

コメント

こんばんは

こんばんは、相変わらずの鍵コメです。
葉加瀬太郎さんのコンサートに行かれたんですか。
私も電気を通したヴァイオリンは、、、、です。
古澤さんとは、アメリカ在住の友人が、アメリカ時代に懇意で、ちょっとだけ存じています。
(弟は、 葉加瀬さんと一緒にとった写真を大事に持ってます。)
 学生の頃から社会人始めた頃は、3日に開けず行っていたコンサートですが、
今年、お金を払って行ったコンサートは、
 ネスレスペシャル 佐渡裕 ヤング・ピープルズ・コンサート「指揮者ってなぁ2(に)?」
8月11日東京オペラシティー武満メモリアルだけです、、。
それも最初は「未就学児はだめだ」と言われました。
でも「バーンスタインのヤング・ピープルズ・コンサートは幼児も映っている」
と食い下がると、電話が転送されて、別の方が出て、「御覧になったんですか・」
「ハイ25話すべて」「ではどうぞ」で、未就学どころか
幼稚園にも行ってない子と一緒に行ってきました。
子供は、1000円大人は3000円のコンサートですが、子供には、
一人一本指揮棒が付いていました。
オケは、、、でしたが、子供は、指揮棒を振って大喜びでした。
 私的には、佐渡さんならば、マーラーの1番が見たい。(6番は見た)
(バーンスタイン版でやるかどうか楽しみだし。)
でもBerg'sさんは、よくスケジュール開けられましたね、、。
すごい!!
        私には、無理です、、。
車は車のところにおじゃましときます。
よろしくお願いいたします。

  1. 2006/12/05(火) 01:42:51 |
  2. URL |
  3. 鍵コメ #326u4AQo
  4. [ 編集]

>電気を通したヴァイオリンは、、、
ですよね、生オケに慣れた鍵コメさんなら特にでしょう。
聞いてて反面教師的に思ったのは、やっぱりソリストって凄いということです。技術はもちろんなんですが、広いホールに生音聴かせる楽器のパワーにです。
古澤さんは生音にこだわっていて、それでハクジュのような小さなホールでの定期演奏をしているようです。(今回は残念ながらそうではありませんでしたが)

私も、以前住んでいたところに比べれば、気軽なオケに行けるのですが、行ってないですね。クラシックのコンサートに会社帰りにも行けるのが日本の良さだと思っているので、なんとかしたいものです。

それにしてもお子様は幸せですね。
  1. 2006/12/05(火) 23:24:20 |
  2. URL |
  3. 名無しの権兵衛 #-
  4. [ 編集]

鍵コメ

私も、歩いて東京文化会館に行って、コンサートを見て、帰るのが、大昔の夢でした。
最近、車の帰りに根津辺りを通るのですが、
この辺に住みたかったなあ、、。
夏目漱石の家は残っているし、
御神輿、お祭りはあるし、談志は住んでいるし、
下町の学習院!根津小学校はあるし、
「三丁目の夕日」がまだ残っています。
歩いて、文化会館にも行けますし、、。
まあ、現実は、上野から電車で3つ目の駅
私の我が儘を聞いてくれる年代は過ぎ、義父母の老後の問題など
私が、子供と回りの事を聞かなければならないので、ここに居る訳ですが、
それはそれで、不満はありません。
町中の赤い旗を見、裏小路で横断幕を家族でペイントしているのを見ると、
確かにここは、サッカーの町です。
そして、公立高校で、東大進学率を全国で争う、高校もあり「文教の町」だというのも解ります。
都市計画では、タブーだと大学で習った、
駅前の図書館(商店街が色々規制を受ける)
をこの文教都市は実践するようです。(来年駅前の商業施設に市立図書館が入る)
早速、駅前のパチンコ屋さんが、華美な電飾をやめました。
川口、西川口当たりの連れ込み屋さんの看板もいっさいありません。
川向こうではありますが、その意味子供は、幸せかもしれません。
  1. 2006/12/06(水) 05:00:46 |
  2. URL |
  3. 歩いてコンサート #326u4AQo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/333-205b03fe

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople