Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

手に入れたもの、そして・・・失ったもの?



今まで具体的な紹介がありませんでしたが、この機会にバイクの紹介します。

harley.jpg

Harley Davidson FLSTC (EVO)

私の飼ってる鉄馬です。
これまで、チラチラと写真に写っておりましたが、改めてアップします。
写真は、数年前に秋田へソロツーリングに行った時、雨上がりの月山を前に撮ったものです。
旅バイクらしい写真で気に入っております。

そもそも私、ハーレーなんてバイクには興味がありませんでした。




20代も終わりの頃、私の関心は旧車といったエンスー度の高い4輪車にありました。
旧い車を自分でいじって時々旅に出る。
そんな生活を夢見たのですが、4輪車をもう一台維持するのは都会ではあまりにもお金がかかります。そんなモヤモヤした気分の最中、街で見かけた一台のバイクがハーレーでした。
いや正確には、ハーレーのエンジンでした。

「なんだこのバイクのエンジン。プッシュロッドが付いてるってことは、、、今時OHVエンジンなの?」

最新型のハーレーもそうなんですが、ハーレーは頑なにOHV空冷エンジンにこだわっています。出力や環境負荷等を考えると、ポルシェがそうであったように、水冷、OHCエンジンに変わっていくのが普通。一部のアメ車を除いては、OHVエンジンなんて70年代のシロモノです。

それに気付いてから、あれこれ色々考え、エイヤっと無理して購入しました。

まず、旅を共にする乗り物としてとても素晴らしいこと。常用スピードである50~60kmがとても楽しいのです。メカニカルノイズは盛大ですが、低回転時のエンジンの鼓動が心地よいなんて、この乗り物くらいではないでしょうか。わざわざフライホイールを重くする人までいるようです。

次に、シンプルな機械であるがゆえに自分で色々といじることができます。
電子仕掛なんてありませんし、リフトなんて大そうなものも必要ありません。
我が家の中庭程度のスペースがあれば、十分にいじることができます。
実際、点火系、エアクリ、キャブ、マフラー等は全て自分で取り付けてます。2気筒ゆえに、セッティングも楽々です。自己責任の元、油脂類も全て自分でやってます。

盛大な振動ゆえに、給油ホースの外れ、シフトペグの欠落、バッテリー端子の外れなど、出先で思わぬプチトラブルもあったりしましたが、工具さえ常備しておけばなんとかなります。
むしろ、プチトラブルがあったりするとニヤニヤしてしまう自虐的な気持ちにさせたりする不思議な乗り物です(馬鹿)。

幅1メートル、重さ300kg、そして大排気量空冷エンジンという街中で走るにはあまりにも厳しいスペックですが、田舎の里山を走ると自然と鼻唄がでてきます。
昔のように目を三角にしてアドレナリンを噴出させながら乗るバイクではありません。
というか、このバイクで倒し込むと、フットボードが路面にヒットしハイサイド状態でバランスを崩すことになり嫌な汗がでます(笑)

私はつるんで乗ることはありません。もっぱら一人で自分のペースで乗っております。
ゆえに、年に数回、シュラフとテントとコンロ類を後ろに縛りつけ、とりあえず方面だけを決めて2泊3日程度の小旅行に出ます。
夕方くらいには寝場所を確保するようにしていますが、場所が確保できず雨よけのために橋の下で野宿したことや、山の天候に注意しなかったため9月なのに氷点下で凍えたことも今となっては良い思い出です。

旅先における他のライダーとの出会いも沢山あります。
今時、非合理な二輪で旅に出るなんて、ある意味変わり者同士かもしれません。
それゆえ、旅先で知り合った時の連帯感は不思議なものがあります。最後まで名前なんて名乗らないのですが、夜な夜な焚き火を囲んで話をするのも非日常的な体験。旅先で立ち寄った良質な温泉や美味い物の情報交換、決して深くは立ち入らないんだけど会話の中に垣間見える旅の裏側にある個々の事情など、これもバイク旅の醍醐味かもしれません。

やば、この話をすると長くなるので、今日はここまでということで。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/11(月) 01:13:06|
  2. [乗り物]バイクと車|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<Bergブログ版「視聴者は見た!」 | ホーム | スウィート テン ○△□???>>

コメント

なんともワイルドな、いかにも旅仕様なエボですね。お洒落な家に、お洒落なポルシェ、でもバイクだけが泥臭いところが男らしくていいですね~。今後ともよろしくお願いします。それでは、また。
  1. 2007/01/28(日) 00:21:07 |
  2. URL |
  3. den997s #-
  4. [ 編集]

denさん、コメントありとうございます。

ホント泥臭いんです。
虫はべっちょり、錆びが浮き出し、川原で転んでタンクにエクボ。

でも、旅に出ないと薄汚れた手入れをしていない「ただの汚いバイク」。
さすがに先日、べったりとWAXコーティングして、錆びの侵食を防止しようとしております。

denさんのバイクはピカピカで愛情が感じられます。

また遊びにいきますね。
宜しくお願いします。
  1. 2007/01/30(火) 03:42:37 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/305-60be94f8

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople