Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

HDMIケーブルの配線

VSA-AX4AViは、出力のHDMIコンバージョン機能が付いています。
ただし、残念ながらスケーリング機能は付加されておりません。
また、我が家のどの再生機にも出力端子にHDMI出力を備えておりません。

したがって、デジタル-デジタル接続はできません。

終了・・・








とは言っても、プロジェクターにはDVI入力端子は付いているので、効果はないことを知りつつ、来るべき日に備えてHDMIケーブルを通線してみたいもの。
特に、プロジェクターのZ200のDVIは接続の相性が結構シビアで来るべき日の前にテストしておきたいと考えました。

ということで、今回はHDMI接続にチャレンジしてみました。


まずは、AV機器を退避させます。埃っぽくなるし、この機会に配線を再度整理しようとの思いからです。

20060607004107.jpg

こういうときにクアドラスパイアのラックは楽です。上から順番にバラしていけますから。

さて、今回購入したHDMIケーブルは、パナソニックRP-CDHG70。HDMI規格認証済みでありながら、7Mで実売1万円程度のお値打ちなケーブルです。(特にケーブルオタでも無いですし、あくまでTestなのでCPに優れたこのケーブルで十分でしょう)

この家の施工当時、HDMIのロングケーブルは数十万円もしたから、とても先行配線などできませんでした。ということで、ここにもあるように、V3-5CFBを2本先行配線しておりました。今回は、コンポーネントへのアプコンは可能なため、S端子用やコンポジ用に配線していた一本を引きづり出してHDMIと交換します。

kanare.jpg

問題は、このV3-5CFBを引き出すことができるかです。 見ても分かるように太さが直径2センチ近くもある大蛇級のケーブルであり、その自重と摩擦のためにCD管から引き出すのは容易ではないと考えられました。
実際、出口から少し引いただけでは動きそうもありません。

ということで、施工時に電気屋さんがサービスでつけてくれた点検口を中継点とし、途中でブチブチ切断して細かく引き釣り出す作戦をとりました。

20060607004055.jpg

天井の点検口です。地下だから、天井に断熱処理していないんだ。



20060607004029.jpg

躯体がむき出しです。・・・ん?この点検口からは該当するCD管には届きません。



じゃあもう一方の点検口はというと、、、

20060607004041.jpg

・・・すごい事になってます。これをいじるには、天才外科医「朝田龍太郎」になった気分で臨まねばなりません。
それにしても、近くに電線走ってるなぁ。シールドの太いカナレのケーブルでよかった気がします。

っていうか、ダメじゃん。ブチブチ作戦はできないことが分かりました。

こうなったら、破壊覚悟で無理やり引っ張ってやる!!
と、力を加えて引いてみたところ、天井裏で盛大な引きづり音を発生させて、「ヅルッ!」とした感触が。

いける!!

一気に引っ張ってしまおうと思いましたが、ケーブルに釣り糸をつけていないことを思い出し、

20060607004020.jpg

慌ててビニテで縛り付けました。

結局、最初に抵抗はあったものの、後は難なく引きづり出すことができました。これも電気屋さんが取り回しに留意してくれたおかげだと思っています。

そして、一緒についてきた釣り糸に、HDMIのケーブルをくくりつけ、慎重にまたCD管の中を通しました。CD管の太さは確か22cmだったので、これは余裕で通線出来ました。

20060607004011.jpg

HDMI端子はデリケートなので、通線の前にはキャップの上からビニテで養生、釣り糸が外れないように、かつ角度に注意してこんな処理をしました。

ということで、無事通線完了。

20060607005044.jpg


さあ、後はHDMIの信号をZ200のDVIで受けられるかどうかです。
デジタル入力にセットして、信号を送ると・・・









写った!!


写りましたよ。一つ前のパイオニアフラッグシップDVDプレーヤーであるDV-S969AViとZ200の動作確認は取れていたようですが、AVアンプもOKでした。

で、肝心の絵は・・・エッジに甘さがありますねぇ。言いかえるならば、少しぼけ気味。もちろん、リアルなデジタル伝送ではないのでこんなもんなんでしょう。
一応追い込んでみましたが、調整もDVI入力だと制限があるので限界です。

ということで、当面はコンポーネントケーブルによるアナログ接続でいきます。

ま、一応インフラ整備を先行的にしたということでOKということにさせていただきます。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/07(水) 00:52:20|
  2. [Home Theater]ルーム編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<寝不足(ワールドカップ)対策 | ホーム | リビングシアター構想(3)>>

コメント

おっ、MASAさんも蛇使いですか(笑)
それもV5となると、青大将なみですね。

我が家は、部屋の中で完結しているスタンドアロンですからまだいいですけど、部屋をまたがると悩みどころですね。

HDMIも安くなったとはいえ、ケーブル単価でいけばまだ高価ですし、あまり長いと動作保証されないし・・・

技術革新で性能がよくなるのはいいけど、HDMIでしか映りませんよ~なんて規制が最も困りますよね。

ん~、接続インフラにも価格面や技術面でもう少し気を配ってほしいものですなぁ。
  1. 2006/06/22(木) 03:41:19 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/276-8469b04a

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople