Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

犬が飼いたい。

siba.jpg

犬が飼いたい。家を建てたら犬を飼おうと決めていたのですが、今の生活で生き物を飼うことの責任感を感じ躊躇しています。でも、やっぱり犬が好き。

以前、とある家に呼ばれたとき、邸宅に入るやいなや主人の不注意で大きなグレート・ピレニーズに飛びかかられたことがあります。でも、私は平然と抱きかかえじゃれ合っていました。主人曰く「驚かない人は本当に珍しい」と。

でも理由は簡単。小学生の頃に実家でセントバーナードを飼っていたから。(母の友人が、面倒見る人がいなくなって手に負えなくなり我が家にきました)。当時、私の背丈ほどもある巨大なセントバーナードの上に乗ったり、踏み潰されたり、引きづられたりと、この頃の経験で大型犬に対する恐怖感は無くなっておりました。

とはいえ、田舎でしたから、ず~っと飼っていた犬のほとんどが雑種。だから日本犬が大好き、そして飼うなら柴犬が欲しいと思っております。

でも、実家における犬への愛情は少し歪んでいたかもしれません。
それが「ちょろ」の思い出。。。







中学生のとき、家に帰ると愛犬「ちょろ」にメイクがなされておりました。



20060420191822.jpg

愛犬家の方すみません。
いまでこそ眉毛犬は珍しくないかもしれませんが、当時の私はびっくりするよりも愛らしいその姿に大爆笑してしまいました。
犯人は妹。
いつも弱気な「ちょろ」が近所の家にも負けないようにとペンで書いたようです。両親は迫力というよりもお笑い犬になってしまった「ちょろ」を見て、少し困惑したものの「これもあり」と納得しておりました。
(ちなみにその後、妹が選択した職業は美容師。メークアップに関するアジア大会出場に選出されたのは冗談ではなくホントの話)

まわりからウケを得た妹に対し、少なからず嫉妬を感じた私は、何も分からず眉毛のかかれた円らな瞳で尻尾を振る愛犬ちょろを見つめて施したのが、、、










20060420191837.jpg


強そうでしょ。

でも、「筋肉マンVerのちょろ」はオフクロには受け入れられず、眉毛と合わせて拭き取られてしまいました。拭き取られるときの「ちょろ」。嫌がって暴れる暴れる。今思うと可愛いヤツでした。

あっ、書いてて思い出した。このオフクロも「ちょろ」への間違った愛情ぶりを発揮していました。

貰われてきたばかりの子犬の「ちょろ」を洗ってあげるとばかりに、あろうことか、








洗濯機に放り込んだ

のです。

・・・水流に流されて犬掻きをしながらグルグルまわる「ちょろ」・・・

溺れないように見てなさいと言われた私は、グルグルまわる子犬の「ちょろ」を見て、子供心にも綺麗になって良かったねと思っていました。さすがに二層式の脱水層に入れるのは躊躇して止めたものの、当時のオフクロは27歳、そして私は6歳。
間違ってました、絶対に。

そんな「ちょろ」は、我が家に愛想をつかしたのか、脱走をはかることもしばしば。(当時の私の田舎では、田んぼの田植え時期以外は放し飼いOKでした)。

でも、最期は10年の天寿を全うし、近くのお墓へ家族で埋めてあげました。

ところがこの「ちょろ」、最期にえらいことやらかしてました。
犬の寿命としては若かったこともあり、死ぬ直前に惚れた近所の犬との間に子供をつくっていたのです。
知らされたのは、「ちょろ」が死んだ後のこと。

両親は責任を感じ、子犬を引き取り、知人に貰ってもらえるよう頼みこんでいました。もちろん、死んだ「ちょろ」の代わりに我が家でも一匹引き取りました。

名づけて「ちょろ二世」。。。(安易、、、馬鹿家族)

当然、我が家の飼い犬になるべく、「洗濯機での清めの儀式」は、、、、さすがにやっておりません。オフクロも成長したようでした。

こんな「ちょろ」の思い出、飼い犬体験を持つ私には、やはり都会で犬を飼う資格はないように思えます。
でも、犬って可愛いよね、ホント。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/20(木) 19:30:31|
  2. [いえづくり]雑記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<エコーネスのインプレ | ホーム | 我が家の週末食事事情>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/259-d3f49b10

グレート・ピレニーズ 原産国- フランス- 各団体のスタンダード及び分類-|} グレート・ピレニーズはピレニアン・マウンテン・ドッグともよばれる犬の一種で、大型犬である。この犬種のあらまし伝統的に牧草地で家畜(特に羊)を保護するのに使われてきた。非常に古い種
  1. 2007/10/02(火) 11:22:14 |
  2. 犬を知るサイト

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople