Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハイビジョン対応の製品

ts_hddvd02.jpg


正月も随分と前のような気になるのですが、撮り貯めた正月のTV番組を今更ながらボチボチと見始めています。今年になってからずっと休日も働いていることもありますが、妻が論文作成のため地下室をずっと占拠していたのがその理由。でも、それも終わったらしいので地底星人らしく潜ることにします。

ところで、昨年から、地上デジタルチューナー付のTVがかなり安くなってきました。20インチ程度でしたら10数万円から購入可能です。また、パナのDIGAもハイビジョン録画可能な機種が発売されました。ちなみに私の実家でも、大画面液晶TVに地上デジタル放送という環境になっておりました。いよいよハイビジョン環境が全国的にも普及しつつあるということが実感できます。

で、我が家のTV録画環境ですが、HRD200とREC-POTの2機種で合計560GBのディスク容量を持っています。この容量ですと、約60時間のハイビジョン放送がHD録画可能です。地上デジタルによってほとんどのコンテンツがハイビジョン放送になりつつあるのは嬉しい限り。というか、大画面で見る場合、SD画面ではあまりにも辛く、既にこの環境は当たり前のように我が家で受け入れられております。

ところが、、、



60時間の録画容量も既に一杯になりつつあります。。。

通常のTV番組は見た後にすぐ消去しているのですが、お気に入りのライブ番組や映画、知り合いの出たTV番組などを保存しておいたら約半分は埋まってしまいました。昔のビデオ環境であれば残そうなんて思わないのですが、HV放送によってかなり臨場感の高い記録がされますので、繰り返し見ようという気になります。

問題は、以前にも記事にしましたが現在の環境ではHDDからの逃げ場が無いこと。あまり画質の良くないものや、5.1ch放送でないものはDVDに焼いておりますが、劣化させたくないものはそのままの状態です。

ということで、前振りが滅茶苦茶長くなりましたが(笑)、いよいよHD-DVD、BDといった大容量メディアの普及機が今年になって発売されます。

写真は、CESで発表された東芝のHD-DVD機。廉価機種は499ドルらしく、かなり安い価格設定です。夏にも予定されている、録画機種も低価格の発売が期待されるところです。

一方のBDの本命はSONYのPS3。こちらは春頃の予定。今まで20万円以上していた録画機種の価格も下がってくることを期待したいです。

結局のところ相容れなかった両陣営ですが、日本では放送市場のHD化が思ったよりも早く進んだために、ユーザーとしては早くハードの環境整備を進めてもらいたいところです。
やっぱり薄型の記録媒体は嵩張らず便利ですから。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/16(月) 02:09:21|
  2. [Home Theater]機器編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<床暖房のメンテナンス | ホーム | EP3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/230-b96d6f39

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople