Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

床暖房追加情報

出張帰りの新幹線。隣の席に、くちゃくちゃと盛大に音を立ててツマミを食べるサラリーマンがいて気分悪い。。。決して神経質ではない(むしろ無頓着な)私ですが、これは嫌だなぁ。奥様は何も指摘しないのかなぁ??

さて、寒くなりましたが、それでも例年に比べて暖かいと感じております。落葉は今がピークなんでしょうか?それにしても我が家の落ち葉の積もり状況はえらい事になってます。掃いても掃いてもキリがありません。ハラリハラリと落ちてくる様子は「いとおかし」ともいえますが、それにしても限度があります。
デジカメで撮りたいんだけど、具合が悪くて。。。

床暖の件でコメントをもらったのですが、有益と思いましたので差し支えの無い範囲で紹介させていただきます(よろしいですよね?)。




下線部が引用箇所です。

一般的な業界のレベルでガス温水式ですと、1日8時間運転で8帖間だと4,300円(床暖房のみ)です。
我が家はの床暖施工面積は80帖位なので、単純に43,000/月くらいでしょうか。24時間運転時のガス代が70,000円以下でしたので、8時間/24時間、つまり1/3と考えるといくらかは効率的な運転のようです。そして、現在は運転時間は8時間以上ですので、お風呂や調理のガス代等を勘案すると、これもいくらか効率的ではあるようです。

いや、基本的な情報を知らずに導入する施主がいけないのですが、これらの情報を知っていれば慌てずにすんだのかもしれません。

あと、建材やさんの話だと、床暖に向く石と向かない石があるようです。自然石だと長年使ってるうちに、当初は見えなかった内部のクラックが大きくなって表面にまで達することもあるみたい。

ん~、我が家の格安大理石はどうなんだろう?狭い箇所なら補修OKなんだけど、全面的にバリバリ割れたら大変だなぁ。ひび割れハウスは困る!
でも、幾らか年数経たないと分からないので仕方ない。天然石+床暖を検討される方は、事前に確認したほうが良いでしょう。

それから、ご存知だと思いますが、床暖は物を置くとそこが熱くなるんですよ。で、熱伝導率の高い金属製の家具なんかをベタ置きすると、そこだけ変色することがよくあるので、気をつけてくださいね。足ぐらいならいいけど、底面積の広いものは危険です。物は床から5センチ以上空けてくださいね。

はい、「ご存知」ありませんでした(笑)。あまり家具は無いので影響無いと思いますが、今後気をつけます。

ということで、貴重な情報ありがとうございました。
お返事する手段がありませんでしたので、記事にして御礼申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/01(木) 00:20:38|
  2. [いえづくり]仕様など他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<やっと帰ってきたよ | ホーム | DYSONDC12<続き>>>

コメント

我が家もまだ床暖房の設定は試行錯誤中です。なんとなく、24時間つけっぱなしで、できるだけ低温設定がよいかなぁと思い始めています。

ご存知だとは思いますが、コンクリートの躯体を暖める蓄熱式床暖房の場合メインの蓄熱材は躯体のコンクリートだと思われますので、仕上げ材の石の厚みなどはあまり関係ないのではないでしょうか?

また、石のクラックに関しては床暖房によって、冷たくなったり暖かくなったりを繰り返すヒートサイクルが石のクラックを大きくするのだと推測しているのですが、この場合コンクリートを暖める蓄熱床暖房だと、温度変化は少ないと思われるので石にはやさしいのではないかと勝手に想像しています。

そのうち我が家の床暖房実験結果もこっそりブログに追加情報として公開しようかなと思ってます。

#来週から寒いらしいですね。
  1. 2005/12/01(木) 22:09:59 |
  2. URL |
  3. xskier99旦那 #C5FWslJw
  4. [ 編集]

xskier99旦那様、お久しぶりです。
xskier99旦那家も共働きでしたよね。それでも、24時間稼動が良いのですか、、、ますますラビリンス?!?!

石のことはさっぱり分かりませんが(これでも理系なんですけど)、我が家の場合、施工後ゆえに既に何ともし難い状況ですので、「ままよ」という気分です。
ですが、情報を蓄積することで今後採用予定の方に有益な情報が残せると思っていますので、大歓迎でございます。

ブログの復活、心待ちにしております。
  1. 2005/12/03(土) 00:48:47 |
  2. URL |
  3. Berg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/218-31893ebe

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople