Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

物欲リスト:AV編(2)

 ローン控除のお金がひっそりと振り込まれており、ボーナスを待たずに物欲を満たす誘惑に駆られがちですが、冬の間のキャッシュアウトフローを埋めなければなりませんので、ここは我慢・・・ということで、物欲リストの続きです。。。
 2.予算に応じて買いたいモノ(大いに妄想はいってます)

・AVアンプ
DTS-HDやらなんやら次から次へと新フォーマットがでてきて、買うタイミングを難しくさせている機器の一つですが、先のBDのようにどうなるやら分かりません。ということで欲しいときに買うのが吉。
 まず、海外製のナイスなデザインのAVアンプは、ハイビジョン視聴に欠かせないAACに対応しておらず却下。という以前に予算的に無理です。
 日本製となると二台目ということもあり相応のグレードが欲しくなります。ということで、各メーカーのハイエンド機について考察すると、、、

YAMAHA DSP-Z9
 AZ1から比べると繊細で解像度が増し、2chに関してもピュアダイレクトなどの取組みで音質向上をはかっているとのこと。
 でもね、ヤマハの魅力はフロントエフェクトとだと思ってるのね。台詞をスクリーン中央に定位させ、前方の音場を豊かにするプレゼンス音場は大いに興味があるのですが、いかんせん前面にスピーカーを取り付ける気がおきません。シアタールームを設計するときに、ヤマハ用に前面にケーブルを二本先行配線しておこうかと思ったのですが、収まりがどうしても想像できなかったので止めました。プログラムもDSPとTHX等を含めると50近くあるのですが、経験則的に使うのはカスタマイズを施しての数種類だけでしょう。ということで、ヤマハの魅力を享受できないということで選択肢からは外れます。

SONY TA-DA9000ES
 弟分のDA7000ESがかなり売れているようです。従来あった薄っぺらなものではなく、相当の物量を投入したフルデジアンプの先駆け的製品といえます。実は両方ともまだ視聴していません。兄弟で随分違うとも聞きますし、是非視聴してみたいと思っています。
 が、、、スペック的に気分が高揚しない部分もあります。まず、9.1chを推奨していること(アンプは7ch分しか搭載していないのにね)。スピーカーが多くなれば、サラウンド感や音のスムースな繋がりの向上は容易に想像できますが、果たして皆様そんなにスピーカーを置いているのでしょうか?我が家は今のところ7.1chが限度です。視聴して私に追加の天井配線やスピーカーの追加購入をさせるような魅力があれば、それはそれで買いということになるのでしょうが、そこまでエモーショナルな製品であるかはどうかはまだ懐疑的。あと、自動測定・自動設定機能もありませんね。私この機能がどれくらい有効かは体感しておりませんが、一度は試してみたいもの。
 でも、ゴールド一辺倒で似たような国産AVアンプのデザインの中にあって、シルバーを打ち出してきたことは大いに拍手を送りたい。それにしても、いつからゴールド好きになったんだ、日本人は?

DENON AVC-A1XV 
 これはさらに、10.1chもあります。米国ではよくあるらしいマルチゾーンシステム対応とのことですが、いまいちイメージが沸きません。7.1chの大音響で映画みている隣の部屋で2chを行儀良く聞けってことですか?
 と意地悪をいうのもなんなんで、フロント、センターの三本をバイアンプ駆動できるのは確かに琴線に触れますね。
 でもね、、、でかいよ、これ。最初ネットで見たとき、縦長に画像が伸びてるのかと思ったよ。物量投入を見た目でアピールしてますって感じが正直イヤ。このあたりの製品って物量無くても相応の駆動力あるんだけど、技術的なことはよく分かりませんが、回路設計などで考え方が違うのかな?
 とにかく価格も含めてあまり魅力を感じませんです、はい。

PIONEER  VSA-AX10Ai-N
 これがド本命です。視聴も済ませてます。A.D.E.MOS FETによる基本的な音作りにまず賛同。
 次に、バイアンプ機能。スピーカーの能力を100%引き出すなら是非とも欲しい機能です。さらにスピーカーを換えるなど、もっと欲張った際には、AVプリとしての性能も高いと聞きますので、パワーアンプ追加でグレードアップ可能と期待されます
 そして何より、Advanced MCACC。自動補正機能に加えて、マニュアルMCACCによる微調整が琴線に触れまくり触れまくり。
 既にAX10シリーズは、AX10Ai-Nが最後であろうと予想されています。モデル末期の熟成製品を安心して買うのも固い選択肢かなと思っております。
 でも、このAVアンプを手に入れると絶対にI-Link対応のプレーヤーが欲しくなりますね。ん~尽きないなぁ。

 いずれにしても、しっかりとした視聴環境で再度確認して決めたいと思っております。

って、いつもにも増して長文記事を書いてたらすっかり買う気になってしまいました。が!!現実的にはまだ妄想の範疇を超えておりません(笑)

 まだまだ、さらに妄想は続くよ、、、<続く>
スポンサーサイト
  1. 2005/04/24(日) 04:32:28|
  2. [物欲フツフツ]Berg編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シマトネリコ(2) | ホーム | シンボルツリー(1)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/110-f61ab5b4

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople