Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シアタールームの概要(7) 空調

≪このRecentは2月5日にUPしました≫

6.空調

 地下室を設けることで最も心配されたのは湿気対策でした。ハイエンドな製品などうちにはないのですが、やはりそれなりの精密機器を設置すると湿度による故障を心配するものです。
電脳空間で色々と調べてみると、そんなトラブルが多く、特に施工直後のコンクリート自体から染み出る湿気対策が必要とのことでした。中には持ち運び型の除湿機で10L/日近くの水を毎日捨ててるなんてケースもあり、不精な私はそんなことできませんと対策を講じる必要がありました。

そこで、当初こんなものの設置を考えました。

 ダイキン:ルームドライヤー

 とりあえず、暖房は床暖があるし、夏はなんとかなるので、除湿に特化した安いものでいいだろうとの考えでした。ただ、結論から申し上げますと、これは不可でした。除湿した水を吸い上げるドレンポンプが無かったのです。もちろん、他のものを流用すればなんとかなったのかもしれませんが、少しイレギュラーなんでねぇ、っと躊躇した次第です。

 結局、ドレンポンプがあるエアコンを導入しました(もちろん施主支給。季節外れでバカ安でした)。

20050205045440s.jpg


左側に見えるのは、ドレンアップポンプです。
とりあえず、当面は電気代に目をつぶってまわし続けてやれ、っと思ったんですが、、、、湿度計を見ると、、、、


通常の状態で湿度は50%程度ですよ。

 まあ、湿度の低い季節ということもあるのでしょうが、嬉しい誤算というか、少々拍子抜けって感じです。まあ、工務店の方が「そんなに湿度に敏感にならなくても、最近の施工法は大丈夫ですよ」っと自身満々には言っていたのですがね。
 でもって、エアコンは夏場の本格的な除湿時期まで休眠状態です。

 ところで、いやぁ~最近のエアコンってホント静かなんですね。この機種よりも静かな機種があるらしいんですけど、私にはこれで十分です。他にもノイズをいっぱい出す機器があるからねぇ(お前のことだ、プロジェクター!!)。

 設置に関しては、スクリーンの近くに設置しないことだけ留意しました。また、室外機からの音漏れはまったくありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/11(火) 04:53:33|
  2. [Home Theater]ルーム編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<パウダーおよびバスルーム | ホーム | シアタールームの概要(6)照明>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/11-e0b1f79a

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople