Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

補修工事(2)電子錠

20050417224339.jpg

 一昨日は大規模な補修工事の一回目を実施しました。で、この日のメインは外玄関ドアの電子錠組み込み。
 外玄関ドアと内玄関ドアには中庭を挟んで10m弱の距離があるため、来客(といっても蕎麦屋の出前とか)時に外まで出るのが面倒な点を踏まえ、少々贅沢ではありましたが電子錠を導入しています。ところが工事途中で、、、
 <蓋を閉めた状態>
20050417232550.jpg




 玄関ドアを電子錠組み込み対応にしていなかったことが発覚。竣工時にはとりあえず電子錠無しで引き渡されました。その間に、玄関ドアを一から作り直して待つこと二ヶ月。年明け早々に取替えとなりましたが、今度は室内設置のコントロール機器と組み込んだ電子錠が対応しておらず、対処が必要ということでドア周りを工事途中のまま放置されておりました。

 そして一昨日の朝10:00から組み込みを始めました。ところが、HORI、MITSUWA、松下と3メーカーの混成からなる鍵に、鍵屋さんも大変苦労した模様。結果、終わったのは予定時刻をかなりオーバーしての夜8:00!!それも、完全な取り付けとはならず一部残工事を残したままの状態です。

 これらは全て工務店のミスです。工務店側にとっても、見た目には変わらない玄関ドアを二回発注し、電子錠も二種類用意するなど金銭的に痛かったはずですが、我々も不便な生活を強いられ、週末の時間を拘束されるなど迷惑がかかっております。

 いえづくりは楽しい反面、ストレスがかかることもありますね。このブログを見てないと思うけど、工務店さんしっかりしてくださいな。これからの補修工事もしっかりお願いします。

 さて、電子錠が使えるようになりましたのでその使用感を。

 写真を見ても分かるように、ビルの通用口にあるような電気キー式の電子錠です(松下製)。
 表示が5桁と10桁を選べ、電気屋さんは操作が簡単な5桁式をお勧めされましたが、我が家では防犯を意識し、数字が毎回ランダムに変化する10桁式を採用しました。

 ドア内側からの開錠もボタンで電気的に行います。
もちろん、停電などのなんらかの電気的トラブルに見舞われた際には、手動で開けることができます。加えて、不具合や長期外出の際には、ダブルロックとして開錠が非常に困難なHORIの棒状キーも残してあります。

 便利なのは、ドアを閉じると自動で鍵がかかることですね。当然、閉め忘れもありません。また、外玄関の施錠状態をダイニング側の機器で確認することができますので、在宅時にも鍵の掛け忘れを防ぐことができます。

 誰かが訪れた際には、カラーモニター式のドアホンで確認し、開錠することで内玄関まで導くことができます。そして中庭に面する開口部から来客を確認することで、楽チンさと防犯を両立させることができるのではと思っています。


<おまけ。お月様がぽっかりと中庭に浮いておりました。。。>
20050417224352.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/04/18(月) 00:03:57|
  2. [いえづくり]雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<リビングの照明(2)調光 | ホーム | 有機野菜>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/104-9f638524

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople