Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リビングの照明(1)概要

20050413233842.jpg

照明の撮影は難しく色の感じがうまくでません。もっと暖かい感じがしていますので、その辺は差し引いて見てください

 リビングの照明は、これと、蛍光灯タイプのブラケットとスタンド照明、白熱灯のダウンライトとダイクロハロゲンの5種類を用いており、これを調光器でコントロールしています。。。
 当初、ダウンライトと洒落たスタンド照明を二つほど用いれば十分かなぁと思ったのですが、暗いリビングは嫌だとの嫁の忠言と、ダウンライトを沢山用いると光熱費や夏の室温向上が気になるなぁということで、現在の照明に落ち着きました。もっとも、洒落たスタンド照明に予算が届かないというのが大きな理由でもありましたが・・・

 まず、少ない光源で安い光熱費となると、蛍光球を用いることが最もCPに優れることになりますが、シーリングライトは見た目的に嫌だということで、こんなものを代わりに導入しました。

20050413233851.jpg

 松下のHomeArchiシリーズHGW5500Eです。薄さ4.5センチと非常に薄いので、明るさの割には存在感がありません。

 合わせて、狭小ゆえに壁面を視覚的に飛ばす目的でこれも導入。
20050413233900.jpg

 同様に、松下のHomeArchiシリーズSGF303。これも蛍光球で40Wと省電力で明るさ十分。スタンド式ですのでコンセントを用いますが、電気配線時に調光器でコントロールするようコンセントを配線してあるので、リビング入り口でon-off可能です。

 ただこれ、シンプルだけど洒落っ気がありません。いつかは、デザイン性の高いものにリプレイスしたいなぁと思っております。

 これらの照明を調光器でコントロールすることで、シーンに応じた照明を楽しんでおります。<続く>
スポンサーサイト
  1. 2005/04/14(木) 00:14:18|
  2. [いえづくり]照明|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
<<ハイビジョンで何見るの? | ホーム | 我が家の耐震性能は?>>

コメント

突然のコメントで失礼致します。

当方はブログ専門ランキングを運営しております

王様のブログランキング
http://ch-one.com/blog/

と申します。貴サイトを拝見させて頂きまして、
是非とも当ランキングサイトへ参加して頂きたく、
ご案内の為コメントの方を残させて頂きました。

王様のブログではIPによる万全の管理により、
正確で多くのOUT数を還元させて頂いております。

もし、王様のブログランキングをご覧頂きメリットを
感じて頂けるようでしたらお気軽に下記登録フォーム
よりご参加をお願い致します。

王様のブログランキング登録フォーム
http://ch-one.com/blog/rank/accounts.php
  1. 2005/04/15(金) 18:56:33 |
  2. URL |
  3. 名無しの権兵衛 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://berghome.blog4.fc2.com/tb.php/100-a1551197

マンションで、あらたにダウンライトを追加する

最近、マンションをご購入になったお客様からのご相談・工事で多いのが、天井埋込型の照明器具:ダウンライトをつけて雰囲気のあるリビング・ダイニングにしたいというもの。マンションの場合は戸建住宅と異なり、天井裏に人が入れるほどのスペースがない場合が多いのですが
  1. 2005/08/10(水) 14:34:30 |
  2. インテリア設計事典

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople