Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2012年 3~4回目のスキー 特訓!・・・おやじ編

20120218-DSC06346.jpg

この一週間、朝焼けを3~4回ほど見たような気もしますが、体調を整えて行ってきました、SKIに。

といっても、実は二週間前にも清里サンメドウズに行っていたのですが、UPする気力もなく放置しておりました。
ということで、今回で4回目のスキー、色々とご報告を♪


前回、毎回毎回佐久パラダじゃなくて、違うところをと思ってサンメドウズに行きました。
サンメドウズは、中央道で渋滞知らず、ICからもそこそこ近く、何といっても子供用緩斜面にクワッドがあるということで選定。

そう、いつもスクールに頼るばかりでなく、今回は親が教えてあげようということで、選んだゲレンデでした。

結果、雨のち晴れといったところでしょうか。

一本目。
無事リフトを降りて、トライスキーを付けて、バックボーゲンで、さあ出発!

が、、、

・・・怖い、怖いと愚図る・・・
先生と違って、親父だと不安らしい。。。

ええぇ~っ、おとうちゃんそんなに頼りないのか?
家では親子で擬似トレーニングつんできたのに

310211_1318858926.jpg
<ちなみに「僕もMy板が欲しい」とせがまれて買いました、嫁がw。ブーツは私>

結局、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになったフウタを見て、SKI嫌いになったら大変と思い、お姫様抱っこしてセンターハウスに向かい、ココアで一服。

その後、気分を変えるため、二人でソリで遊ぶことに。
この時、嫁は一人で滑らせゲレンデに放牧。

その後、嫁と交代。私も滑りたいし。

が、嫁、
「フウタ、今日はスキーをするんでしょ!」
と言って、もう一度ブーツを履かせてリフトに連れていく。

「私が教えるから」

と言い切る嫁。目がスパルタ調になってました(笑)
母は強し!

でも大丈夫か?と不安に思いつつ託すことに。

効くかどうかわからないけど、これのロープを出してあげました。

img56550617.jpg
<ラッキーバムス スキートレーナー キッズ>

41ZsHLt22gA300.jpg
<別名「犬の散歩」>

ところが、これが効果絶大!
スイスイと斜面を降りてきます。
後ろから引っ張っているわけでもなくロープは弛んだまま。
緩やかなカーブも、指示をしてやれば曲がっていきました。

ロープが付いている安心感なんでしょうね。
親父の信頼、たった一本のロープに負けました(笑)

後はヨイショして、本人の自信になるようおだてて一著上がり。
「お父さん、今度は私がスキーを教えてあげますよ」
とご満悦。

わたしは、過度な前傾でバックボーゲンしたり、お姫様抱っこしたり、片手で引っ張り上げたりと、もうボロボロでした。

(ちなみに、ラッキーバムスのグリップ、とても便利です。転んでも片手で起き上がらせるし、リフト降り場で不安な時は持ち上げて対処できましたし。おすすめです、腕力あればw)


と、長くなりましたが、ここまでが前回。
そうそう、とうぜん写真は無しね、カメラ構える余裕無し!


で、今回は前回の反省を活かし、、、

またまたまたパラダへ、

そしてスクール入校!?

いや、老体にはキツイです。
スキーはキャンプより疲労感は少ないですが、前回はさすがに疲れました。

情けない、、、と思いつつ、

「お父さんよりA先生のほうがいい!」

と言われてしまったもので(笑)


20120218-DSC06335.jpg

A先生、状況を理解されてて、フウタは右足が弱いらしく(人間は両足同時に動かすことがほとんど無いため)、左に曲がれるように訓練してくれました。
私よりご年配の先生ですが、ただただ尊敬です。

でもって、私はお言葉に甘えて、今回は滑らせていただきましたよ。
都合、6本ですけど。
でも、少しずつ、板がオートマチックに重心に戻ってくる感じを思いだしてきましたよ。

今回は、おばあちゃんの家に立ち寄って、フウタ大満足。
またスキーに行くのだとやる気満々。
まあ、今回も良かったということで。

でも、今度は泊まりで行きたいなぁと、老いを感じる私でした。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/19(日) 00:49:11|
  2. SKI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4歳の節分・・・親父の威厳

20120203-DSC06322.jpg
<最近、ようやく絵心がついてきたなぁ>

節分、過去の三回はいずれも親父圧勝。

1歳時 顔見て直ぐに泣きながら逃げ回り
2歳時 怯えながら豆を手渡し許してもらおうとするも最後は大泣き
3歳時 ぐっとこらえながら頑張るも怒鳴り一発で大泣き

今年は、「保育園でも泣かなかった!」とドヤ顔。
さらに、「もうお父さんの鬼なんて怖くない」なんて、正体を見破っていやがる。

20120203-DSC06328.jpg
<余裕の態度・・・>

親父、今年はどうやって泣かそうか思案。

まず、鬼が出てくる時にお父さんが居ないのは呼びに行っているからだと説明。
さらに、鬼がお父さんに似ているのは乗り移っているからであり、本当のお父さんではないのだと説明。

20120203-DSC06325.jpg
<それでも余裕・・・金棒なんて怖くない、だとさ>

で、今年は小道具を仕込み、いざ勝負!!

結果、、、

親父、圧勝。

去年よりも早く泣いたね。

勝因は、これ。





20120206-DSC06330.jpg

キャンプの薪割用の斧!
リアリティ120%増し!!

(お面は2歳児から使ってます。写真で見ると確かに怖いねw)

親父、大人気ないけど、いい気分。
早くご飯を食べるし挨拶もする、だとさ。

ただ、今年は本気で豆を投げてきて応戦してきやがった。
来年はもう一ひねり必要かな?

一年に一度の父子勝負イベントでした。

そうそう、節分の翌日にスキーに行きました。
また報告します。
ではでは



  1. 2012/02/06(月) 01:10:36|
  2. [ふうた]誕生~育児|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

01 | 2012/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople