Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

急遽ファミキャン and クリスマス2011

20111224-DSC06262.jpg
<今年はフウタも飾り付け。ちょっとバランスがw>


三連休とクリスマス、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この二日、我が家は想定外のキャンプに行ってきました。

当初、久しぶりにフウタと二人の“男キャンプ”に、〆の森まきか、やまぼうしに一泊してくる予定でした。
お父さん、久しぶりの男キャンプを楽しみに、前日は三時まで仕事をがんばりましたよ。

で、それが原因で寝坊してしまいましたが、まあ男キャンプはノンビリできるからいいかと思っていたら、嫁が

「私も行く」

と言い出す始末。

えっ?
ずっと前に行かないって言ってましたよね・・・
電源サイト行くつもりありませんけど・・・
冬用シュラフ、三人分ありませんけど・・・

と、まあ、ひと悶着ありまして、結局、荷物を大幅に増やして、三連休当日に予約できる電源付きサイトのあるキャンプ場を探して行ってきたわけです。

この季節、グルキャンでもない限り、ふつ~の高規格にいくのも何だかなと思いつつ、ダラダラのキャンプしてきましたよ。
フウタには晩飯は前日のハヤシライスを温めて、親はレトルトカレー!
朝飯は菓子パン!!
ツーリング・キャンプより酷いな(笑)

で、行ったキャンプ場の印象がこれまた良くない。。。
(今回、キャンプ場名は伏せて起きます)

夜にノラネコがでるんですわ。それもシツコイのが
シェルターのスカートを巧みに潜って入ってくるんです。

夜中に2度ほど起きて追い払ったんですが、まだ暗い朝方にも入ってきてゴソゴソやるんです。
嫁がビビッて起こされました。
半端に都会なんですな、たぶん。狸や猿なら気分は違ったかも(笑)
もうここ、行きたくない。。。

締らない今年最後のキャンプとなってしまいました。

20111223-DSC06233.jpg
<それでも焚火は一杯堪能してきました>


でも、そんなことは全く知らないフウタは楽しめたようで、それが救いです。

20111224-DSC06246.jpg
<最近、ペグ打ちが上手くなりました。これは、ケーキの蝋燭に見立てているようです>

気分を変えて、今回の投入アイテム。

20111224-DSC06241.jpg
<SORELのスノーコマンダー・トドラー>

これは、フウタのスノーシューズです。
今年は雪山に行きたいし、寒いキャンプ場でも寒がることの無いように、在庫切れになるまえに買っておきました。

・・・ホントは、これ買う予定なかった・・・
・・・私が、同じ理由でソレルのカリブーを買おうかと思っていたら、嫁からフウタ用に買っておけと言われ・・・
・・・おかげで、私のカリブーが、パックナイロンになってしまいました・・・



231.jpg


まあ、雪国でもない限り、カリブーはさすがにヘビーかと。
廉価版のパックナイロン、軽くて暖かくて良いです・・・と言い聞かせてる(笑)

***** 参考 ****
カリブーとパックナイロン、ソールの形が違うのでサイズ感が全く異なります。今回、US8を購入しましたが、カリブーの8だと明らかに大きい。重いので余計にホールド感に欠けるように感じます。お気をつけ下さい。

帰宅後は、大急ぎでクリスマスの準備。

20111224-DSC06260.jpg
<今年はラテールのケーキ。アルコール・ランプを添えて>

フウタのプレゼントは仕込んであります。
フウタ、大満足の三連休になりそうです。

私にもサンタ来ないかなぁ。
でっかいあの幕とストーブさえあれば、今回のようなこともなかったろうに。。。(笑)

スポンサーサイト
  1. 2011/12/24(土) 23:19:05|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

月見・グル・男キャンプ@成田ゆめ牧場

20111210-DSC06177.jpg


皆既月食のあった先週末にキャンプに行ってきました。

今回は、3世帯のグループキャンプでしたが、妻は仕事+所用でお留守番。
久しぶりの男キャンプになりましたが、グルキャンということで大きなテントを設営しました。

13241066474841.jpg
<12月というのに、結構テント張られてます。皆さん好きですねぇ>


今回の新規投入アイテムはこれ。

20111210-DSC06180.jpg
<ペトロマックス HL1ストームランタン>
ニャーより一回り小さいけど、思ったよりも明るいと感じました。


13241065702200.jpg
<GSIのパーコレーター14cup>

早速、火あぶりして焼き色つけます

20111217-DSC06227.jpg
<とりあえず、今回はここまで焼けました。レインボー!>

さて、2月にも入ると、下手すりゃ最低気温は氷点下。
しかし、今回は寒さに弱い嫁無しということで、電源無しのチャレンジ。
二人にはでかすぎるインナーテントは使わず、ケシュアのカンガルースタイル。

それでも、起きている間は、アルパカ効果で+10℃。
9時くらいで外気温は0℃、でもテントの中は暖かかったです。

が、ストーブを消す就寝時には、さすがに3シーズンシュラフじゃ寒かろうということで、フウタにはこれを用意。
コールマンのキッズマミー/0

41XMSUlXO.jpg

を、同じくコールマンの5℃対応の封筒に包んでやりました。

私は、寒がりの嫁のため、春秋用に購入したドイターのスターキャッチャー。

10_sb01.jpg

スペック的には、ヨーロピアンノームでLimit-5℃。

・・・ヨーロピアンノーム・・・良く分かンネ

ちなみに、このシュラフ、センタージッパーで手足が出せる変態シュラフです。

16151-05.jpg
<この写真、幽体離脱のようで怖いんですけど・・・>



で、電源無しチャレンジはどうだったかというと。

私、朝方寒くて目を覚ましました。

その時の気温、マイナス2.7℃。

フリースやら、結構着込んだんですけどね。

結局、ヨーロピアンノーム、適正温度はコンフォートで見るのが正しいんだろうね。
モンベルあたりだと、適正温度は快適睡眠温度域+7~8℃と見るべきなので、まあ同じなのかな。
ただし、寒さの感じ方は人それぞれなのでご留意を。私は至って普通だとは思いますが。

ただ今回、10年以上も使っているモンベルのシュラフを見直しました。
モンベル以外のシュラフを初めて使ってみて、やはりストレッチするシュラフは動きが妨げられず、楽です。
冬キャン用に、#0が欲しいけど、スターキャッチャーに#4を突っ込めば、もう少しいけそうなので我慢することにしよう。

で、フウタはというとグッスリ眠っていたので、とりあえずOKということか。
こちらも、一杯着込んで、使い捨てカイロを数個ブッコみましたけどね。
これ以上寒いところでは、マイクロフリースの毛布で包めばOKかな?

ま、いずれにしても、電源無しの冬キャンの目安も少し見えたかな。
ホントは、薪ストとコットン参天買って、昼夜ヌクヌクを夢見ておりますがね(しつこい?)


さて、今回、寒い中のキャンプで反省することしきり。

1.調理用のガス、プレミアムガスを忘れて、火力が弱いこと弱いこと! おかげで、強火力が必要な味噌煮込み、失敗しちゃったよ。ごめんなさい。やはり寒い中は白ガス等の液燃が必要か。。。でも、薪ストなら関係ねぇ

2.ランタンは白ガスなので関係ねぇと思ったら、圧掛かんない。。。リュブリカント発注します。暗いテント内になってしまいました。

3.おまけに、デジカメのバッテリーまであっという間に消費。今回の写真、半分はスマホで撮ったものです。

やはり、ソロの時とは具合が違うなぁと改めて認識。

ま、大好きな焚火にあたりながら、月食ショーを深夜まで見られたので、今回は良しということで。

さあ、寒さで嫁がビビッて参加しなくなること濃厚の中、これからの冬キャンどうしようかな。


20111210-DSC06173.jpg



  1. 2011/12/18(日) 01:54:20|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

“個人輸入”のすすめ


先日、韓国から石油ストーブを購入したことは、ちらっと紹介しましたでしょうか。
もちろん、自宅用ではなくアウトドアで使うため。

20111021-DSC05783.jpg
<アルパカTS-77。コンパクトじゃないのは、反射板と赤が欲しかったから>

20111021-DSC05784.jpg
<cautionはハングル。さっぱり読めません>

20111021-DSC05776.jpg
<大きさはこんなもの。小さいです>

今時、こんなレガシーなストーブなど売っておらず、数少ない日本製であるフジカを買うと3万くらいします。
で、お隣の韓国に目を向けると、同じようなコンパクトなストーブが数千円で売っていたりします。
さすがにハングルは辛いので、今回は、アルパカの直販サイトと代行屋を利用しましたので、価格的には1万とちょっと。それでもリーズナブルです。

ただ、、、満タンにすると調節ツマミのところから灯油が漏れるんです、これ。

同時期に買ったお友達のは大丈夫のようで、どうやらうちの固体だけらしいです。
まあ、雑巾とゴミ袋かぶせて運搬し、外で使用するので気にしていませんけどね。
国内購入なら返品交換ものですけど、さすがにハングルで交渉する気力もありませんし。

まあ、個人輸入にはそんなリスクがあるのも事実ですね。
ですけど、個人輸入、やめられません。
国内通販よりもワクワクするのは何故?(笑)
海外価格差+円高メリット、もしくは国内未流通品を探したりするのは楽しい。

で、ここ最近、海外から引っ張ったのにこんなものがあります。

[“個人輸入”のすすめ]の続きを読む
  1. 2011/12/01(木) 22:28:34|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople