Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

男キャンプ@長瀞

20110818-DSC05277.jpg

また、キャンプねたかよ、、、って、すんません。

先々週、この夏一番暑かったあの日と、翌日大雨が降ったあの日に、男キャンプに行っておりました。
場所は長瀞。
川遊びが主目的。
おかげで、炎天下の日中は、のんびり泳いで涼しく過ごせました。

キャンプ道具もジワジワと小物が増殖しましたが、男二人の時は、基本、上の写真のスタイルに落ち着いております。

20110818-DSC05279.jpg

設営の楽なヘキサタープに、2秒で組みあがるケシュアを、小川張りで配置。
開放感抜群、設営・撤収が簡単、雨降っても濡れずにテント出入り可能、というのがポイントです。

。。。

って、やっぱり今回も大雨降ったよ。
男キャンプの降水確率100%!
フウタは雨男確定、ん?、俺か?

今回は、撤収時に猛烈に降られたんで、いつも以上に大変でした。

ただ、前回より”強力”な装備をしていったので、撤収は早かったです。





20110810-DSC05268.jpg
スーリー Ranger90を実装!!

うちの車がレンジャー仕様車のように汚れているのはさておいて、オートキャンパー御用達のルーフボックスを導入しました。

無骨な井出達ではありますが、

1.キャリアは簡単に取り外せ、ゴルフバッグ程度の大きさに畳めます。
 風切音が嫌、立体駐車場に入れない、燃費に悪影響などの理由で、普段はルーフボックスを取り外しておきたい方。これは、簡単に取り外せますので、いつも巨大な棺桶を屋根に付けておく必要はありません。
 ただ、ソフトボックスですので、付けっ放しもできない(風でバタバタする)ことに注意が必要です。

2.実用的なサイズ
 決してエレガントな容ではありませんが、高さが稼げる分、キャンプ道具の仕舞いには好都合です。
 小さく見えますが、400L近く、重さで50kgいけます。セダンのトランクがもう一つ増えるといった容量ですね。

ソフトボックスなので、雨漏りが心配ですが、今回の豪雨の中でも雨漏りは皆無。
ばっちり機能してくれました。
風切音も、うちの車では全然気になりません。(メーカー設定の130km/h以下)

私的には、ルーフキャリアのメリットは撤収スピードが上がることにあります。

立体パズルを考えることなく、トランクに、ルーフキャリアに、道具をガンガン入れられれば、それはもう楽チンです。
例えば、でっかいテントですと、やはりトランクの一番下に積むのがセオリーですが、テントやタープは最後に片付けるものですので、どうしてもボトルネックが発生します。
今回の雨降りの状況下では、車を後ろ向きにタープに突っ込んで道具をトランクに放り込み、最後に濡れたタープをゴミ袋に入れてレンジャーに放り込む。こうすることで、道具を濡らさず楽々撤収が可能でした。
また、詰め込む順番にとらわれることが無くなるので、前日の夜から、ゴソゴソと使わない道具を片付けてしまうことも可能です。

今回も豪雨撤収でしたが、道具を濡らさず、一人で素早く撤収することができました。

ただ、諸刃の剣といいますか、詰め込む容量が増えますので、物欲を抑えることが難しくなります。
これまで積載容量で諦めていたものが、まだまだド~ンといけちゃったりしますから。

まあ、とりあえず大物はこれでお終い宣言です。
今年は、あと二回行きます。

(ホントは雪中キャンプしたいなぁ。。。)

スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 22:43:34|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

男キャンプ@西丹沢 ”出会い”

20110808-DSC05227.jpg

ここのところ猛暑が続いておりますが、男キャンプに行ってきました。
場所は西丹沢のウェルキャンプ場。
標高はそれほど高くありませんが、なんといっても綺麗な川原での水遊びがグーンと体感温度を下げてくれます。
ここのキャンプ場は、川をせき止めた天然プールがあるのが魅力。

20110808-DSC05219.jpg

水はとても透明度が高く、何より冷たい!!
5分浸かっていると足がしびれてきます。
川育ちの私も久しぶりに興奮しました。
フウタもプール遊びとは勝手が違うようでしたが楽しく遊んでおりました。

20110808-DSC05236.jpg

晩飯はいつものように手抜きのお手軽BBQ。
今回は炭起こしもせず炙り大将にお任せ。
男親一人では十分でしょう。

さて、前回の男キャンプは広大な敷地に三組だけという状況でしたが、今回は盆休みも近く人が大勢居ました。
ここは区画サイトなので、お隣にもご家族が。
食事後にポツポツと雨が降り出し(フウタは雨男かもしれん・・・)、タープ下で適当に遊んでいたところ、ちょっとした機会でお隣の同級生とお友達になれました。

20110808-DSC05242.jpg

子供はいいねぇ。
すぐに心を打ち解けられて。
帰る頃には喧嘩するほど仲良くなってました♪

20110809-DSC05245.jpg

朝の散歩の写真。
嫁が嫉妬するかも(笑)

お友達のご両親とも、男二人のキャンプを不憫に思われたのか(笑)、花火を一緒にしてくれたり、マシュマロ焼いてくれたりと、非常にお世話になりました。
そして、お父さん同士で意気投合し連絡先を交換、9月のファミリーキャンプに合流していただけることになりました。
お友達と再会できることに、フウタ大喜び。

今回のキャンプ、フウタにとって非常に意義深いものとなりました。
友達を見つける機会は一杯あること。
そして友達になるにはどうすればよいかということ。
貴重な学びの機会だったと思います。

情緒教育のためのキャンプ?
いやいやそれも重要ですが、私も楽しんじゃってます。
最近の私の”出会い”はこれ。

20110804-DSC05202.jpg

コールマンのガソリンランタン200A。
通称、赤ランタン。

これ197※年1月製造のオールドランタンです。
そう、私と誕生年、誕生月も同じバースデーランタンなんです。
スリスリしてピカピカしてやりました。

20110804-DSC05206.jpg
<箱は今のお父さんのようにお疲れ気味ですが・・・笑>

ず~っと探していたのですが、ふと見たオクで出品されていたので落としました。
気合を入れてオークションに挑みましたが、幸いにも価格は最新のノーススターとあまり変わらず。
明るいランタンは必要でしたが、あえてこれまで購入せず、この機を待っておりました。

20110804-DSC05216.jpg

ちとメンドクサイ儀式をして火を入れるとこのとおり。
300cdの明るさは、今も十分実用的です。

「40年前はどこを照らしていたのかな?」

そんなことを思いながら、夜空の下で暖かな灯りを見るのは格別です。

そして、

”フウタと共に大事に使い、いつかフウタに譲ってやろう”

なんて考えると、またキャンプに行きたくなる、この夏の出会いでした。





  1. 2011/08/12(金) 14:15:27|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

07 | 2011/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople