Berg's Home

狭小地に、設計事務所による家づくりにチャレンジしました。左側カテゴリをご参考ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2012GW:イクメン・キャンプ~帰省

本日、東京に帰ってきました。
合間に仕事があったものの、今年のGWは息子と多くの時間を共有し過ごせました。

まずは前半のイクメン・キャンプ。

今年のキャンプ初めは男親だけのキャンプでした。
5世帯12人の大所帯キャンプ。しかも男親だけ。
しか~し、天気も良く、とても楽しく過ごせました。

20120429-DSC06519.jpg
<キャンプ場は森のまきば。初めての男キャンプの思い出の場所です>

20120429-DSC06521.jpg

GW中日で難民サイトを覚悟しましたが、森まきは広く、多少の傾斜を我慢すれば余裕を持ってテントを張れました。
朝10時のチェックインで、下は1歳半から上は小二の子供たちとのんびり過ごせました。



[2012GW:イクメン・キャンプ~帰省]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/05/06(日) 22:01:28|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

急遽ファミキャン and クリスマス2011

20111224-DSC06262.jpg
<今年はフウタも飾り付け。ちょっとバランスがw>


三連休とクリスマス、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この二日、我が家は想定外のキャンプに行ってきました。

当初、久しぶりにフウタと二人の“男キャンプ”に、〆の森まきか、やまぼうしに一泊してくる予定でした。
お父さん、久しぶりの男キャンプを楽しみに、前日は三時まで仕事をがんばりましたよ。

で、それが原因で寝坊してしまいましたが、まあ男キャンプはノンビリできるからいいかと思っていたら、嫁が

「私も行く」

と言い出す始末。

えっ?
ずっと前に行かないって言ってましたよね・・・
電源サイト行くつもりありませんけど・・・
冬用シュラフ、三人分ありませんけど・・・

と、まあ、ひと悶着ありまして、結局、荷物を大幅に増やして、三連休当日に予約できる電源付きサイトのあるキャンプ場を探して行ってきたわけです。

この季節、グルキャンでもない限り、ふつ~の高規格にいくのも何だかなと思いつつ、ダラダラのキャンプしてきましたよ。
フウタには晩飯は前日のハヤシライスを温めて、親はレトルトカレー!
朝飯は菓子パン!!
ツーリング・キャンプより酷いな(笑)

で、行ったキャンプ場の印象がこれまた良くない。。。
(今回、キャンプ場名は伏せて起きます)

夜にノラネコがでるんですわ。それもシツコイのが
シェルターのスカートを巧みに潜って入ってくるんです。

夜中に2度ほど起きて追い払ったんですが、まだ暗い朝方にも入ってきてゴソゴソやるんです。
嫁がビビッて起こされました。
半端に都会なんですな、たぶん。狸や猿なら気分は違ったかも(笑)
もうここ、行きたくない。。。

締らない今年最後のキャンプとなってしまいました。

20111223-DSC06233.jpg
<それでも焚火は一杯堪能してきました>


でも、そんなことは全く知らないフウタは楽しめたようで、それが救いです。

20111224-DSC06246.jpg
<最近、ペグ打ちが上手くなりました。これは、ケーキの蝋燭に見立てているようです>

気分を変えて、今回の投入アイテム。

20111224-DSC06241.jpg
<SORELのスノーコマンダー・トドラー>

これは、フウタのスノーシューズです。
今年は雪山に行きたいし、寒いキャンプ場でも寒がることの無いように、在庫切れになるまえに買っておきました。

・・・ホントは、これ買う予定なかった・・・
・・・私が、同じ理由でソレルのカリブーを買おうかと思っていたら、嫁からフウタ用に買っておけと言われ・・・
・・・おかげで、私のカリブーが、パックナイロンになってしまいました・・・



231.jpg


まあ、雪国でもない限り、カリブーはさすがにヘビーかと。
廉価版のパックナイロン、軽くて暖かくて良いです・・・と言い聞かせてる(笑)

***** 参考 ****
カリブーとパックナイロン、ソールの形が違うのでサイズ感が全く異なります。今回、US8を購入しましたが、カリブーの8だと明らかに大きい。重いので余計にホールド感に欠けるように感じます。お気をつけ下さい。

帰宅後は、大急ぎでクリスマスの準備。

20111224-DSC06260.jpg
<今年はラテールのケーキ。アルコール・ランプを添えて>

フウタのプレゼントは仕込んであります。
フウタ、大満足の三連休になりそうです。

私にもサンタ来ないかなぁ。
でっかいあの幕とストーブさえあれば、今回のようなこともなかったろうに。。。(笑)

  1. 2011/12/24(土) 23:19:05|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

月見・グル・男キャンプ@成田ゆめ牧場

20111210-DSC06177.jpg


皆既月食のあった先週末にキャンプに行ってきました。

今回は、3世帯のグループキャンプでしたが、妻は仕事+所用でお留守番。
久しぶりの男キャンプになりましたが、グルキャンということで大きなテントを設営しました。

13241066474841.jpg
<12月というのに、結構テント張られてます。皆さん好きですねぇ>


今回の新規投入アイテムはこれ。

20111210-DSC06180.jpg
<ペトロマックス HL1ストームランタン>
ニャーより一回り小さいけど、思ったよりも明るいと感じました。


13241065702200.jpg
<GSIのパーコレーター14cup>

早速、火あぶりして焼き色つけます

20111217-DSC06227.jpg
<とりあえず、今回はここまで焼けました。レインボー!>

さて、2月にも入ると、下手すりゃ最低気温は氷点下。
しかし、今回は寒さに弱い嫁無しということで、電源無しのチャレンジ。
二人にはでかすぎるインナーテントは使わず、ケシュアのカンガルースタイル。

それでも、起きている間は、アルパカ効果で+10℃。
9時くらいで外気温は0℃、でもテントの中は暖かかったです。

が、ストーブを消す就寝時には、さすがに3シーズンシュラフじゃ寒かろうということで、フウタにはこれを用意。
コールマンのキッズマミー/0

41XMSUlXO.jpg

を、同じくコールマンの5℃対応の封筒に包んでやりました。

私は、寒がりの嫁のため、春秋用に購入したドイターのスターキャッチャー。

10_sb01.jpg

スペック的には、ヨーロピアンノームでLimit-5℃。

・・・ヨーロピアンノーム・・・良く分かンネ

ちなみに、このシュラフ、センタージッパーで手足が出せる変態シュラフです。

16151-05.jpg
<この写真、幽体離脱のようで怖いんですけど・・・>



で、電源無しチャレンジはどうだったかというと。

私、朝方寒くて目を覚ましました。

その時の気温、マイナス2.7℃。

フリースやら、結構着込んだんですけどね。

結局、ヨーロピアンノーム、適正温度はコンフォートで見るのが正しいんだろうね。
モンベルあたりだと、適正温度は快適睡眠温度域+7~8℃と見るべきなので、まあ同じなのかな。
ただし、寒さの感じ方は人それぞれなのでご留意を。私は至って普通だとは思いますが。

ただ今回、10年以上も使っているモンベルのシュラフを見直しました。
モンベル以外のシュラフを初めて使ってみて、やはりストレッチするシュラフは動きが妨げられず、楽です。
冬キャン用に、#0が欲しいけど、スターキャッチャーに#4を突っ込めば、もう少しいけそうなので我慢することにしよう。

で、フウタはというとグッスリ眠っていたので、とりあえずOKということか。
こちらも、一杯着込んで、使い捨てカイロを数個ブッコみましたけどね。
これ以上寒いところでは、マイクロフリースの毛布で包めばOKかな?

ま、いずれにしても、電源無しの冬キャンの目安も少し見えたかな。
ホントは、薪ストとコットン参天買って、昼夜ヌクヌクを夢見ておりますがね(しつこい?)


さて、今回、寒い中のキャンプで反省することしきり。

1.調理用のガス、プレミアムガスを忘れて、火力が弱いこと弱いこと! おかげで、強火力が必要な味噌煮込み、失敗しちゃったよ。ごめんなさい。やはり寒い中は白ガス等の液燃が必要か。。。でも、薪ストなら関係ねぇ

2.ランタンは白ガスなので関係ねぇと思ったら、圧掛かんない。。。リュブリカント発注します。暗いテント内になってしまいました。

3.おまけに、デジカメのバッテリーまであっという間に消費。今回の写真、半分はスマホで撮ったものです。

やはり、ソロの時とは具合が違うなぁと改めて認識。

ま、大好きな焚火にあたりながら、月食ショーを深夜まで見られたので、今回は良しということで。

さあ、寒さで嫁がビビッて参加しなくなること濃厚の中、これからの冬キャンどうしようかな。


20111210-DSC06173.jpg



  1. 2011/12/18(日) 01:54:20|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

“個人輸入”のすすめ


先日、韓国から石油ストーブを購入したことは、ちらっと紹介しましたでしょうか。
もちろん、自宅用ではなくアウトドアで使うため。

20111021-DSC05783.jpg
<アルパカTS-77。コンパクトじゃないのは、反射板と赤が欲しかったから>

20111021-DSC05784.jpg
<cautionはハングル。さっぱり読めません>

20111021-DSC05776.jpg
<大きさはこんなもの。小さいです>

今時、こんなレガシーなストーブなど売っておらず、数少ない日本製であるフジカを買うと3万くらいします。
で、お隣の韓国に目を向けると、同じようなコンパクトなストーブが数千円で売っていたりします。
さすがにハングルは辛いので、今回は、アルパカの直販サイトと代行屋を利用しましたので、価格的には1万とちょっと。それでもリーズナブルです。

ただ、、、満タンにすると調節ツマミのところから灯油が漏れるんです、これ。

同時期に買ったお友達のは大丈夫のようで、どうやらうちの固体だけらしいです。
まあ、雑巾とゴミ袋かぶせて運搬し、外で使用するので気にしていませんけどね。
国内購入なら返品交換ものですけど、さすがにハングルで交渉する気力もありませんし。

まあ、個人輸入にはそんなリスクがあるのも事実ですね。
ですけど、個人輸入、やめられません。
国内通販よりもワクワクするのは何故?(笑)
海外価格差+円高メリット、もしくは国内未流通品を探したりするのは楽しい。

で、ここ最近、海外から引っ張ったのにこんなものがあります。

[“個人輸入”のすすめ]の続きを読む
  1. 2011/12/01(木) 22:28:34|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

鍛錬キャンプ@朝霧ジャンボリー

20111120-DSC06129.jpg

天気予報も一週間前から雨予報だったのに、行ってきましたファミリーキャンプ。

ホントは行きたくなかった・・・ランドロックの雨撤収、帰宅後の乾燥を考えると憂鬱。
(憂鬱なのは、このテント限定ね)
しかし、嫁と子供に押し切られ、雨が降りしきる中、渋々出発。

今回選定したのは、朝霧ジャンボリー。
東から晴れてくるとの予報と、房総の風を避けた理由もありましたが、120万坪の広大な芝フリーサイトと、前から行ってみたかったキャンプ場です。

道中、だんだんと強雨になり、ワイパーがフル回転状態に。
やがて、「伊豆半島北部大雨洪水警報」の掲示が。

ん~、風が強くならないうちに設営できれば問題なかろうということで、ささっとチェックイン。
さあ、力を合わせてささっと設営しますかぁ!

・・・嫁、車中から出てこず
・・・やっぱりですか。

しゃ~ない、息子を雨に濡らすわけにもいかないからなぁ。
いつものように、一人設営です。

ランドロックの雨設営は初めての経験。
初夏の森まきの暴風に比べれば風は穏やかでしたけど、バケツの水をひっくり返したような豪雨の中で、俄然“テンションが上がってきました”(笑)

ヤケクソ気味になると、自然と笑えてきませんか? ん、私だけ?

風も強くなってきたので、張り綱もしっかりペグダウン。
テント設営後、風も強くなってきたので、初めてセーフティークロスベルトをセット。

1209img.jpg
<強風でしなっていたテントが落ち着きました。このギミック、素晴らしいです>

(近くに張っていたランステが破断してしまうほどの強風だったようです。ピンポイント予報を上回る天候の悪化でした。少し、反省しております。)

落ち着いた頃に、嫁子供を呼んで、早速晩飯の用意。
この日は、「味噌煮込み」だぎゃぁ。

20111119-DSC06121.jpg
<もうすぐ二十年モノになる土鍋。二軍落ちしましたが、まだまだ現役です>

今日は特に美味い。白飯が進みます!

で、近くのガラガラの温泉に行って、10時過ぎには就寝。
明日は雨止んでくれよと願いつつzzz


朝起きると、、、



[鍛錬キャンプ@朝霧ジャンボリー]の続きを読む
  1. 2011/11/23(水) 15:31:15|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

回想、妄想

512.jpg

BE-PALの最新号をコンビニで目にし、表紙を見ただけで即買いしてしまいました。

・・・焚火の時間・・・

何かモヤモヤしていたのもあって、風呂場で一気に読みました。

いい!

「焚火は心を溶かしてくれる」

グサっ!

・・・私、疲れているんでしょうか(笑)

一番刺刺さったのは、

「焚火をおしっこで消す」

思わず、湯船でニヤリ。

やったやった、小学校の頃、仲間と河原で熾した焚火、最後に消す時は必ず輪になって
「○○消防団、いきます!」
と言って、消したもんだ(笑)

上京してそんな機会はあるわけなく(いや、やったら犯罪か?)、シジュウ親父のエレジーかとも思いましたが、もう少し現実的なオトシドコロがあるだろうと、週末の出来事をお伝えします。

20111105-DSC06096.jpg
<SIERRA DESIGNS NIGHT WATCH2.0>

押入れで数年も眠っていたシェラデザインのテントを久しぶりに引っ張り出してみました。


[回想、妄想]の続きを読む
  1. 2011/11/16(水) 00:07:40|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

家庭用炭火焼肉テーブルを買いました


家庭でも、焼肉屋さんのような専用テーブルで美味しく焼肉を食べたいという家族の要望を聞き入れ、家庭用炭火焼焼肉テーブルを買いました。

20111103-DSC06061.jpg
<質感、よろしいなぁ>

20111103-DSC06050.jpg
<こいつの素晴らしいところは、フタを外すとバーナーが出てきて、熱々のビビンバやスープがテーブルで飲めるところです>


で、実際に使ってみました。

20111105-DSC06117.jpg
<さすがに、室内で直火はなんなので、小さなお庭にセッティング>

20111103-DSC06072.jpg
<すでにワラシが一匹>

20111103-DSC06062.jpg
<面倒な炭起しは、こいつに入れて着火材を放り込んでおくと、パタパタしなくても勝手にゴォっと起きてくれます>

20111103-DSC06066.jpg
<それでも待ちきれないワラシがブツブツ言い出す。。。>

20111103-DSC06083.jpg
<子供から遠ざけるように天板を配置して、、、>


で、どうよ!!


20111103-DSC06086.jpg
<焼肉ではなく焼き鳥ですが?!>


炭焼きは3割増の美味さですな。
ワラシも、珍しく爆食しました

どうでしょう。
お庭の広い方、屋上で食せる方、一家に一台“炭焼き焼肉テーブル”をお勧めします。
これ、足が取れますので、押入れやクローゼットの隙間に収納できます。

。。。
。。。
。。。

と、既に「馬鹿なことをやってる」と指摘されていそうですが、これ、先日も少しお披露目したキャンプ道具です。

スノーピークのアイアングリルテーブル
(通称IGT)


収まりもよく、便利な一品ですね。
お値段もしますが、、、

うちは、火気類は手持ちのものや、純正ではない安いものを入れています。

2バーナーは、ユニフレームのUS-1900をビルトイン。
先人の知恵をお借りし、アルミのアングルをリベッター等で切り貼りしてビルトインしています。
重い鍋が落ちては大変なのでとにかく安全重視、そして見てくれも。

20111103-DSC06053.jpg
<ヘアラインのアルミアングルと、mm単位の設計で我ながら納まりが良いと思っております>

スノピのツーバーナーとは違い、軽い上、使わないときはステンレストレーでフタをして、フラットにできてしまうところがお気に入り。
車載減にも貢献しております。

炭焼きグリルは、送料込みで2,980円の尾上製作所フォールディングBBQコンロを、ステンレス棒とアルミアングルで収めてみました。

20111103-DSC06058.jpg
<ツライチで隙間ほぼゼロ>

このコンロ、A4サイズに折りたためる上、ユニセラ等と違って構造が簡単なため丸洗いが可能です。
灰を流し、こびり付きを真鍮ブラシで落として、後は食洗器にザブ~ンと、楽チン。

と、まあ最近のキャンプグッズときたら便利な機材が一杯なんですなぁ。
その上、アウトドア系の道具はシンプルで丈夫。
むりやりお付き合いしていた嫁も、便利な道具のおかげで難なくファミリー・キャンプを満喫しております。

あぁ、時代の進化を感じます。。。
。。。
。。。
。。。

どうだろ。
心の中で、何かが沸き起こっています。
遠い過去の思いを巡らして。。。

<続く>

  1. 2011/11/06(日) 22:48:25|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

グルキャン@PICA富士吉田

20111029-DSC06038.jpg
「Trick or Treat!!」
お菓子が貰える魔法の言葉に、子供たちもご満悦(笑)

この半年、キャンプの事しかアップしておりませんが、今年8回目のキャンプに行って来ました。

20111029-DSC05979.jpg

当初、年に2~3回くらいは子供のために必要だねということで始めたキャンプでしたが、今では嫁もドップリはまっております。

今回は、保育園のお友達が「行ってみたい」ということでお誘いし、丹沢、北軽でご一緒したIさんを巻き込んで、3世帯のグループキャンプを楽しんできました。

選定したキャンプ場は、保育園のお友達がテント無しの初体験ということもあり、河口湖近くの高規格キャンプ場「PICA富士吉田」。

20111029-DSC05976.jpg

ハロウィン・デコレートされたリビシェルとランドロックを向かい合わせに設営し、大人と子供を緩やかにゾーン設定したナイスなレイアウトでした。
いつもながらIさんに感謝です。

実はこの日、急遽決まった運動会の順延日でして、午前中に騎馬戦やリレーの親子競技に参加し、荷物を詰め込み、100kmほど運転、テントを設営した頃には夕暮れというドタバタぶりでした。
40過ぎのオジサンには、結構シンドイ状況でしたが、それもこれも子供たちの笑顔を見るためだけに頑張ってます、、、???

20111029-DSC06035.jpg

20111029-DSC06043.jpg


、、、んなわけもなく、大人の秘密基地をつくため、あれこれ機材を考え、散財し、フィールドテストすることが楽しいんです、この趣味。

今回、新たに実戦投下したのは、拡張性の高いテーブル“アイアングリルテーブル(IGT)”と、韓国から取り寄せた石油ストーブのアルパカ。

寒い時期のキャンプのために石油ストーブの導入を想定し、一方で、幼児の安全のためにストーブをテーブルで囲ってしまおうという、家族思いの投資です(笑)

20111029-DSC05983.jpg

ん~、いい感じです♪
ストーブの上にはおでん鍋、奥のIGTには炭火焼グリルの焼武者で焼き鳥を、おでん鍋の奥のトレー下にはユニフレームのUS-1900がビルトインされ、朝食にはイングリッシュマフィンサンドを鉄板で作りました。

今回も楽しかったぁ。

このキャンプ場、アーリーチェックインもレイトチェックアウトも可能であり一泊でもゆっくりできます。加えて、自宅から2時間以内で到着できるという近さもあって、年内にリピすると思います。(オフシーズンは2~3000円/泊という安さも魅力!)
その頃は、氷点下の世界だと思いますがね。

さて、ここ数回のキャンプ、思いがけない嫁の参画で、男キャンプに行っておりません。
フウタとの濃密な男同士の触れ合いが恋しくなりつつあります。

とは言え、簡単設営・撤収可能な夏場のヘキサとケシュアでキャンプするには寒いだろうし、かといって物々しい2ルームはソグワナイ。

ということで、冬に適した新たな幕が欲しい。
もちろん、フウタのために(笑)

tentipi_selection_guide_design.jpg

これ、冬場の男キャンプには理想。
もちろん、お座敷スタイルで。

これが思い描いていた冬キャンのスタイル!
夫婦仲も益々円満!?



今年のクリスマスは、薪ストーブ付きのティピなんてどう? で、ランドロック売っちゃおうかな?

と言ったら、即却下されました。
僕の“雪中に煙突の夢”、残念。
  1. 2011/10/31(月) 23:49:23|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ファミキャン@スウィートグラス

20111009-DSC05738.jpg
<4歳男児ともなると、親の着せ替え遊びも残り僅かといったところ。楽しみました♪>

またかと思われつつ、子供の笑顔が見たくて、、、いや、今回は嫁にせがまれ、行って来ました北軽井沢はスウィートグラス
東日本人気No1キャンプ場ゆえ、予約がなかなか取れないのですが、キャンセル待ちにHitしたので2泊3日で行って来ました。

先月の北軽の経験から、とても楽しいアウトドアを過ごすことができました。


[ファミキャン@スウィートグラス]の続きを読む
  1. 2011/10/10(月) 21:12:34|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

グルキャン@outside base 北軽井沢

20110924-DSC05604.jpg
<フウタのパンツは、我が家のテントサイトのマーキング代わりです>

シルバーウィークの三連休、今年6回目のキャンプに行ってきました。
今回は、三世帯、親6人子供5人の、我が家にとって初グループキャンプでした。

ご一緒させていただいたのは、丹沢の男キャンプでお隣になった方。
フウタが同級生同士でお友達になり、お父さん同士も意気投合してこの日の再会となりました。

初めてのグルキャン、ファミキャンに比べ夫婦にとっても子供にとっても、楽しさ三倍増の素晴らしい機会となりました。

[グルキャン@outside base 北軽井沢]の続きを読む
  1. 2011/09/26(月) 23:28:01|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

男キャンプ@長瀞

20110818-DSC05277.jpg

また、キャンプねたかよ、、、って、すんません。

先々週、この夏一番暑かったあの日と、翌日大雨が降ったあの日に、男キャンプに行っておりました。
場所は長瀞。
川遊びが主目的。
おかげで、炎天下の日中は、のんびり泳いで涼しく過ごせました。

キャンプ道具もジワジワと小物が増殖しましたが、男二人の時は、基本、上の写真のスタイルに落ち着いております。

20110818-DSC05279.jpg

設営の楽なヘキサタープに、2秒で組みあがるケシュアを、小川張りで配置。
開放感抜群、設営・撤収が簡単、雨降っても濡れずにテント出入り可能、というのがポイントです。

。。。

って、やっぱり今回も大雨降ったよ。
男キャンプの降水確率100%!
フウタは雨男確定、ん?、俺か?

今回は、撤収時に猛烈に降られたんで、いつも以上に大変でした。

ただ、前回より”強力”な装備をしていったので、撤収は早かったです。





20110810-DSC05268.jpg
スーリー Ranger90を実装!!

うちの車がレンジャー仕様車のように汚れているのはさておいて、オートキャンパー御用達のルーフボックスを導入しました。

無骨な井出達ではありますが、

1.キャリアは簡単に取り外せ、ゴルフバッグ程度の大きさに畳めます。
 風切音が嫌、立体駐車場に入れない、燃費に悪影響などの理由で、普段はルーフボックスを取り外しておきたい方。これは、簡単に取り外せますので、いつも巨大な棺桶を屋根に付けておく必要はありません。
 ただ、ソフトボックスですので、付けっ放しもできない(風でバタバタする)ことに注意が必要です。

2.実用的なサイズ
 決してエレガントな容ではありませんが、高さが稼げる分、キャンプ道具の仕舞いには好都合です。
 小さく見えますが、400L近く、重さで50kgいけます。セダンのトランクがもう一つ増えるといった容量ですね。

ソフトボックスなので、雨漏りが心配ですが、今回の豪雨の中でも雨漏りは皆無。
ばっちり機能してくれました。
風切音も、うちの車では全然気になりません。(メーカー設定の130km/h以下)

私的には、ルーフキャリアのメリットは撤収スピードが上がることにあります。

立体パズルを考えることなく、トランクに、ルーフキャリアに、道具をガンガン入れられれば、それはもう楽チンです。
例えば、でっかいテントですと、やはりトランクの一番下に積むのがセオリーですが、テントやタープは最後に片付けるものですので、どうしてもボトルネックが発生します。
今回の雨降りの状況下では、車を後ろ向きにタープに突っ込んで道具をトランクに放り込み、最後に濡れたタープをゴミ袋に入れてレンジャーに放り込む。こうすることで、道具を濡らさず楽々撤収が可能でした。
また、詰め込む順番にとらわれることが無くなるので、前日の夜から、ゴソゴソと使わない道具を片付けてしまうことも可能です。

今回も豪雨撤収でしたが、道具を濡らさず、一人で素早く撤収することができました。

ただ、諸刃の剣といいますか、詰め込む容量が増えますので、物欲を抑えることが難しくなります。
これまで積載容量で諦めていたものが、まだまだド~ンといけちゃったりしますから。

まあ、とりあえず大物はこれでお終い宣言です。
今年は、あと二回行きます。

(ホントは雪中キャンプしたいなぁ。。。)

  1. 2011/08/28(日) 22:43:34|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

男キャンプ@西丹沢 ”出会い”

20110808-DSC05227.jpg

ここのところ猛暑が続いておりますが、男キャンプに行ってきました。
場所は西丹沢のウェルキャンプ場。
標高はそれほど高くありませんが、なんといっても綺麗な川原での水遊びがグーンと体感温度を下げてくれます。
ここのキャンプ場は、川をせき止めた天然プールがあるのが魅力。

20110808-DSC05219.jpg

水はとても透明度が高く、何より冷たい!!
5分浸かっていると足がしびれてきます。
川育ちの私も久しぶりに興奮しました。
フウタもプール遊びとは勝手が違うようでしたが楽しく遊んでおりました。

20110808-DSC05236.jpg

晩飯はいつものように手抜きのお手軽BBQ。
今回は炭起こしもせず炙り大将にお任せ。
男親一人では十分でしょう。

さて、前回の男キャンプは広大な敷地に三組だけという状況でしたが、今回は盆休みも近く人が大勢居ました。
ここは区画サイトなので、お隣にもご家族が。
食事後にポツポツと雨が降り出し(フウタは雨男かもしれん・・・)、タープ下で適当に遊んでいたところ、ちょっとした機会でお隣の同級生とお友達になれました。

20110808-DSC05242.jpg

子供はいいねぇ。
すぐに心を打ち解けられて。
帰る頃には喧嘩するほど仲良くなってました♪

20110809-DSC05245.jpg

朝の散歩の写真。
嫁が嫉妬するかも(笑)

お友達のご両親とも、男二人のキャンプを不憫に思われたのか(笑)、花火を一緒にしてくれたり、マシュマロ焼いてくれたりと、非常にお世話になりました。
そして、お父さん同士で意気投合し連絡先を交換、9月のファミリーキャンプに合流していただけることになりました。
お友達と再会できることに、フウタ大喜び。

今回のキャンプ、フウタにとって非常に意義深いものとなりました。
友達を見つける機会は一杯あること。
そして友達になるにはどうすればよいかということ。
貴重な学びの機会だったと思います。

情緒教育のためのキャンプ?
いやいやそれも重要ですが、私も楽しんじゃってます。
最近の私の”出会い”はこれ。

20110804-DSC05202.jpg

コールマンのガソリンランタン200A。
通称、赤ランタン。

これ197※年1月製造のオールドランタンです。
そう、私と誕生年、誕生月も同じバースデーランタンなんです。
スリスリしてピカピカしてやりました。

20110804-DSC05206.jpg
<箱は今のお父さんのようにお疲れ気味ですが・・・笑>

ず~っと探していたのですが、ふと見たオクで出品されていたので落としました。
気合を入れてオークションに挑みましたが、幸いにも価格は最新のノーススターとあまり変わらず。
明るいランタンは必要でしたが、あえてこれまで購入せず、この機を待っておりました。

20110804-DSC05216.jpg

ちとメンドクサイ儀式をして火を入れるとこのとおり。
300cdの明るさは、今も十分実用的です。

「40年前はどこを照らしていたのかな?」

そんなことを思いながら、夜空の下で暖かな灯りを見るのは格別です。

そして、

”フウタと共に大事に使い、いつかフウタに譲ってやろう”

なんて考えると、またキャンプに行きたくなる、この夏の出会いでした。





  1. 2011/08/12(金) 14:15:27|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

ファミキャン@outside base 北軽井沢

おお、一ヶ月ぶりの更新だ。
最近、遊びに仕事に忙しくて。。。

20110717-DSC05161.jpg
<生活観出てて、難民キャンプっぽくて(笑)>

先週の三連休に今年三回目のキャンプに行きました。
outside base
ちょうど催しやってましたが、場所柄涼しくて快適でしたよ。

今回は三連休ということで二泊、ファミキャンですから嫁付きです。




[ファミキャン@outside base 北軽井沢]の続きを読む
  1. 2011/07/24(日) 23:53:46|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

男キャンプ

20110610-DSC05073.jpg


男キャンプの掟

其の壱、危険なところには近づかない
其の弐、お母さんがいないので協力し合う
其の参、何にも動じず徹底的に遊ぶ!

行ってきました、4歳児と二人だけの男キャンプ。

・・・タフな男キャンプデビューとなりました。

[男キャンプ]の続きを読む
  1. 2011/06/12(日) 15:35:41|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

うちを買ったよ・・・

いや、ごめんなさい。

こんな冗談でした。

[うちを買ったよ・・・]の続きを読む
  1. 2011/05/28(土) 22:23:57|
  2. キャンプ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

berg

カテゴリー

最新の記事

Recent Comments

Recent Trackbacks

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archives

Links

Search

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    登録お願いします by BlogPeople